PR

利上げすると 一般的には債券価格下がるのでベア型の日本国債ファンド( 投資信託 )を買ってみた

記事内に広告が含まれています。
PR

最新更新日 2024年1月5日

2024年、日本銀行(日銀)は、長らく続いた緩和的な金融政策からの転換を模索する年になると考えられたりします。

PR

日銀政策変更の影響とは?

植田和男総裁の下、マイナス金利政策の解除が24年前半と言われていることがあり、これが日本経済に及ぼす影響は少なくないと考えたりします。

ちなみに、金利が上がると債券価格は下がることにフォーカスが当たりますが、国債の利払い費用の急増リスクも考慮が必要ですね。金利上昇による利払い費の増加は、国債増発につながり、市場の信認を揺るがす可能性もあるわけです。

何事も複合的な要因によって価格決定がなされるわけですが、ポートフォリオの1つの枠として、日本国債の下落において収益を確保する方法を模索してみました。

PR

ベア型の日本国債への投資とは?

ベア型の日本国債への投資は、国債市場の動向に逆行する特性を持つ投資手法です。

ベア型投信やETFは、特定の指数や資産に対して逆の動きをすることが特徴で、国債価格が下落すると利益を生み出す仕組みです。

例えば、国債が1%下落すると、ベア型の投資信託は1%上昇し、その逆も同様です。

PR

日本債券へベア型で投資できるETFや投資信託とは?

調べたところ、ETFにおいて提供している商材は確認できませんでした。

投資信託としては、「日本債券ベアファンド(5倍型)」が見つかりました。

SBI証券や楽天証券でも取り扱いのあるファンドですね。少し購入してみました。

なお、ベア型国債投資は、日本がデフレから脱却し、金利が上昇することが予想される場合や、日本の政府債務が増加し、金融・財政政策が行き詰まるリスクがある場合に、利益を生み出す機会があると言えます。

しかし、投資には市場の変動や金利の動きに対するリスクが常に存在するため、投資家はこれらのリスクを十分に理解し、自身のリスク許容度に合わせた投資戦略を慎重に策定することが重要です。

レバレッジ型やベア型の投資信託は、一般的には運用手数料も高めの場合もありますから、この点も注意が必要です。

実際の購入にあたってはファンドの重要事項などをしっかりと確認してご自身のリスクとリターンのバランスの考慮も必要ですね。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを確認

広告ブロッカーを使用していることを検出しました。広告ブロッカーを無効にしてください。本サイトは広告の収益で運営しております。ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました