大きく株価が動く業績発表日が集中する時期にポートフォリオの棚卸をしてみる / もしくは大きく下落した株で割安なものを買ってみる

ちょうど今の時期は、4-6月の業績発表が集中する時期です。

 

基本的に株価は業績に収束するので、業績発表や今後の売上・利益の上方・下方修正 の結果、大きく株価が変動する時期でもあります。

 

したがって、発表前に大きく業績が悪くなりそうな企業については、一旦 株を手放すことを考えても良いかもしれません。

 

逆に業績発表翌日以降、大きく下落している株で、株価が割安で狼狽売りになっている、という会社であれば、買うタイミングかもしれません。

実際、何度かわたしも決算直後に急激に下がっている株を押し目買いすることがあります。

その際は、さらに下落基調だった場合は即損切りすることを心がけています。

 

そもそも決算書に慣れる必要があるので、決算書の読み方に関する解説動画を並べて見ました。ご自身にしっくりくる分析方法を見出せると良いですね。

 

【決算シーズン到来】決算書でチェックするポイント!見る順番!

 

【会計クイズがオモロい!】『世界一楽しい決算書の読み方』を、世界一楽しく解説してみた。

 

その他の考え方の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。