牛丼は値上げの波を乗り切れるか?

最新更新日 2022年9月25日

牛丼チェーンの吉野家が、円安と原価高騰の影響で値上げを余儀なくされています。『うまい・安い・はやい 』という同社の価値観に影響を与えかねない状況です。

 

牛丼並の価格と取り巻く為替・東京都の最低賃金の推移

 

価格 円 為替 1USD/円 最低賃金 円
1990 400 144 548
2001 280 121 708
2006 380 116 719
2013 280 97 869
2014 380 105 888
2021 426 109 1,041

 

同社は牛肉を輸入に頼っているため、為替相場の影響を受けます。

さらに、労働者の賃金も上昇しており、お客様への価格転嫁につながっています。

 

実際の足元の実績を見てみましょう。

 

2022年度の既存店/全店の月次進捗の状況

既存店

3月 4月 5月 6月 7月 8月 上期
累計
売上高(%) 111.9 111.6 109.8 106.3 110.5 110.1
客数(%) 105.6 107.0 105.2 99.6 100.1 103.5
客単価(%) 106.0 104.3 104.4 106.8 110.3 106.3

 

全店

3月 4月 5月 6月 7月 8月 上期
累計
売上高(%) 113.7 113.3 111.9 108.2 112.5 111.9
客数(%) 107.2 108.6 107.2 101.3 101.9 105.3
客単価(%) 106.0 104.3 104.4 106.8 110.3 106.3

 

2021年、吉野家は牛丼の並盛りを426円に値上げしました。しかし、それでも客足は100%を超えています。

 

しかし、9月に入ってから食品のさまざまな商品が値上げされてきており、外部環境はより厳しいものです。

従って、継続的な成長を保証されているものではありません。

 

物価の上昇に伴い、家庭での調理が増え、外食を利用する機会が減るかもしれません。

 

今後も売り上げは伸びるのか、下がるのか、牛丼チェーンだけでなく、飲食業界全般として、動向を見極めながら投資に活かしたいところです。

 

その他の市場分析の記事

コメントを残す