テクニカルリセッション 景気後退 の危険性 をどのように考えるべきなのか?

アメリカの高インフレ・金利上昇を受けて、リセッション 景気後退の懸念が最近目につきます。

 

テレ東 BIZ 米2回連続大幅利上げ 懸念される景気後退【日経プラス9】(2022年7月29日)

 

実際、アメリカでは住宅購入を控えるケースが増えているようです。

 

世界的にリセッション・デフレのリスクはゼロではないので、投資戦略を少し見直してみる時期なのかも。

 

リセッション・デフレでも生活に必ず必要なものは、購入せざるを得ず、インフレでものの値段は上がっているので、購入回数を仮に減らしたとしても、大きく売上や利益を減らすことにはならないのではないか、と考えたりします。

最近、東亜産業の運営するTOAmartという、基本半額販売がコンセプトのスーパーが急激に増えているのも、その影響もあるでしょう。

 

一方、生活に必要でないものは、買い控えが進む可能性があります。例えば、嗜好品、娯楽、など。

 

少しポートフォリオの全体感を見直してみては、いかがでしょう?

 

その他の考え方の記事

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。