国内のコーヒーチェーン カフェ市場について考える

市場分析
AD

最新更新日 2022年10月29日

カフェレストランとは、客が食べ物や飲み物を注文できるタイプのレストランです。カフェレストランは他のレストランとは一線を画し、カジュアルな雰囲気と豊富なフード&ドリンクが魅力です。カフェレストランは日本で非常に人気があり、ほとんどの都市で見つけることができます.

 

日本のカフェレストランは、海外のカフェレストランとはいくつかの点で異なります。その一つが店舗の広さです。日本では、カフェレストランは通常、他の国よりもはるかに小さいです.これは、日本ではスペースが非常に限られており、ほとんどの人が小さなアパートに住んでいるためです。そのため、外食することが多く、小さなレストランを好みます。

 

日本と海外のカフェレストランのもう一つの違いは、提供される料理の種類です。日本のカフェレストランでは、サンドイッチ、サラダ、ペストリーなどの軽食が一般的です。また、温かいお飲み物と冷たいお飲み物も豊富に取り揃えています。一方、海外のカフェレストランではハンバーガーやフライドポテトなどのボリュームのあるメニューが多いです。

 

日本では古くからカフェレストランが親しまれてきました。しかし、1980 年代に主流になり始めました。それ以前は、ほとんどの日本人は伝統的な日本食レストランでしか食事をしていませんでした。

日本で最も人気のあるカフェレストランの 1 つがタリーズコーヒーです。タリーズコーヒーは、1992 年にアメリカのシアトルで創業し、1995 年に日本で最初のカフェをオープンしました。タリーズコーヒーは、豊富な種類のコーヒーと、ゆったりとした居心地の良い雰囲気で知られています。

日本で人気のもう一つのカフェレストランはスターバックスです。スターバックスは 1971 年にアメリカのシアトルで創業し、1996 年に日本で最初のカフェをオープンしました。スターバックスは、豊富な種類のコーヒーとスタイリッシュでモダンな雰囲気で知られています。

 

カフェレストランは日本文化において重要な役割を果たしています。カフェレストランは人々がくつろぎ、交流する場所です。若者の出会いの場としても人気です。

カフェレストランは雨の日を過ごすのに最適な場所です。フードやドリンクの種類も豊富で、他のお店よりカジュアルな雰囲気です。雨の日の過ごし方を考えるなら、カフェレストランが最適です。

 

国内の主要ブランドと店舗数と特徴

ブランド 店舗数 運営企業 価格帯 特徴
Starbucks 1,727 starbucks Japan owned by Starbucks 高級感のある空間、リラックスできるソファ
Doutor Coffee 1,065 DOUTOR NICHIRES Holdings Co., Ltd. 低価格路線
Komeda Coffee 950 Komeda Holdings 比較的空間に余裕をつくり、食べ物の量が多い
Tully’s Coffee 700 Tully’s Coffee Japan owned by Itoen 高級感のあるリッチテーストのコーヒーと空間
Saint Marc Cafe 413 Saint Marc Holdings 店内出来立てパンを味わえる
Coffee KAN 207 C-United パンケーキなどの店内調理が楽しめる
Pronto 348 Pronto owned by Suntory and UCC UESHIMA COFFEE 夕方からバーとして運営、お酒も楽しめる
CAFÉ de CRIÉ 199 Pokka Create パスタなども店内調理で楽しめる
Cafe Veroce 158 C-United 低価格戦略
EXCELSIOR CAFFE 124 DOUTOR NICHIRES Holdings Co., Ltd. ドトールの高価格帯の店舗で広い店内空間と満足感のある食事が特徴
Ginza Renoir 102 Ginza Renoir 空間を十分にとってゆっくりとした時間を楽しめるようになっている
Ueshima Coffee 91 UCC UESHIMA COFFEE 高級感のある店内装飾でリラックスした空間

SWOT分析、セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング、4Pを元に記載

英語の分析記事

 

その他の市場分析の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました