PR

最新の市場トレンドを誰よりも先に理解して埋もれている銘柄を探す

記事内に広告が含まれています。
PR

最新更新日 2024年4月13日

マーケティング用語で、PESTというものがあります。

PR

PESTとは?

PEST分析は、外部環境を分析するための戦略的ツールの一つであり、組織や事業が影響を受ける可能性のあるマクロ環境の要因を評価する際に使用されます。PESTは以下の4つの要素から構成されています:

  1. P (Political):政治的要因
    • 政府の政策や安定性、税制、貿易規制、労働法など、組織の運営や市場への参入に影響を与える政治的要因を指します。
  2. E (Economic):経済的要因
    • 経済の成長率、失業率、インフレーション率、為替レートなど、組織の運営や市場の状況に影響を与える経済的要因を指します。
  3. S (Social):社会的要因
    • 人口の成長動向、年齢構成、文化的な要因、健康意識、生活様式の変化など、市場の需要や組織の運営に影響を与える社会的要因を指します。
  4. T (Technological):技術的要因
    • 新しい技術の出現、研究開発の活動、技術の普及や受容、技術変革の速度など、市場の機会や脅威に影響を与える技術的要因を指します。

PEST分析はしばしばPESTLE分析に拡張されることがあり、これには「Legal(法律的要因)」と「Environmental(環境的要因)」の2つの追加要素が含まれます。

この分析を使用することで、組織は外部環境の変動やトレンドを早期に捉え、それに応じた戦略的な意思決定を行うことができます。

PR

市場は常に変化する

市場は政治、経済、社会、技術的要因により、常に変化して、それに応じて新しい需要が増えたり、既存の需要が減ったりします。

従って、株式投資においては、常に最新のトレンドを理解することはとても大切です。

どのようにして市場を理解することができるでしょう?

断片的な情報は、Webで収集できますが、全体感というのは、書籍を活用することが、おすすめです。

PR

最新の2024年度版 市場トレンドの書籍

続々と2024年度版の市場トレンドの書籍がリリースしてきてます。個人的には書籍によって色があるので、いろいろな本に触れるのがおすすめで、わたしは毎回3冊 買って読んでます。

「会社四季報」業界地図 2024年版

新しい「業界深読み」セクションが加わり、地図と合わせることで業界の再編や働き方の理解がより一層深まります。

最新の話題として、「AI」や「Web3」「量子コンピューター」「スニーカー」といった業界が新たに取り上げられています。

今回は、過去最高の192の業界やテーマを掲載。特に「調査会社」や「バス・タクシー」といった特色ある業界が追加され、すべての業界情報は四季報記者によって最新情報に更新されています。

さらに、アマゾンやメタプラットフォームズなど、大手米国企業の平均年収を掲載しており、それと日本企業の年収との比較も可能です。

特集として:

  • 人口減少の影響で勢いを持つ業界や落ち込む業界についての分析。
  • 47都道府県別のトップ企業紹介。
  • 市場規模と利益率から見る「花形業界 vs. 苦境業界」のマップ。
  • 各業界の40歳時点での平均年収のランキング。

全てが詰まったこの書籍で、業界の現状と未来を理解しましょう。

日経業界地図 2024年版

この1冊を手にすれば、ビジネスの情報がすぐに手の中に。

  • 1分で業界の基礎を理解できるセクションがあり、基礎知識や最新の動向、年表、キーワードがまとまっています。
  • 未来の動向や業界の展望に興味があるなら、業界天気図や注目企業の戦略、今後の焦点をチェックしてみてください。
  • 会社のデータが気になる方には、売上高や初任給、従業員数、平均年齢などの情報が一目でわかるページがあります。

さらに、特集として、最新テクノロジーが業界やビジネスにどんな影響を持つのか、専門家の分析も掲載。加えて、これからの時代に注目の「100の技術」や「テクノロジーの期待度」などの情報も紹介されています。

新しい業界やトピックにも目を光らせていて、生成AIや水素技術、合成燃料など、これからの業界を先取りした情報が詰まっています。

そして、世界のトップ企業に関するデータも欠かせません。日経新聞による独自の調査で、各商品やサービスでの世界シェアを一覧にしています。気になる日本企業が何品目で世界一になったのか、これを見ればすぐにわかりますよ。

短い時間でビジネスの全体像を掴みたい方に、この書籍はぜひおすすめです。

業界地図2024年版

手元にこの書籍があれば、今まさに激変する時代の中でリーダーシップをとる業界や企業がすぐにわかるんですよ。本書は、わかりやすい図解データを活用して、ビジネスの現場、就活や転職のリサーチ、そして投資のための基礎情報として役立つ内容を持っています。

特に「10年先の業界勢力図」セクションでは、これから勢いを持つであろうビジネスや企業に焦点を当てています。例えば、水素ビジネスの先駆けや、医療・介護ロボット業界でのトップ企業、航空機や自動運転車の分野での注目企業などが詳細に紹介されています。

また、内容は8つの大きなセクションに分かれていて、それぞれのセクションでは様々なテーマが取り上げられています。ネットや通信、広告の分野から、サービス、社会インフラ、エネルギー、健康や美容、食品、さらには素材や電機、機械、流通、商社、そして金融と、幅広い業界についての情報がまとめられています。

この書籍を使えば、業界の最新トレンドや将来のビジネスチャンスをつかむヒントが手に入るでしょう。ビジネスマンや学生、投資家の方々にとって、非常に有用な一冊と言えますよ。

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを確認

広告ブロッカーを使用していることを検出しました。広告ブロッカーを無効にしてください。本サイトは広告の収益で運営しております。ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました