3416 ピクスタの企業分析 画像や動画の素材観点でAdobe Stockとの違い・差別化について考える

最新更新日 2022年9月25日

わたしのように、ブログなどの記事を作成する立場では、記事の内容に注力したいので、それ以外の作業は外部にお願いしたいところ。ブログ上で不可欠な写真・イラストは素材サイトのものを利用しています。

無料サイトも存在しますが、圧倒的に数が少ないので、効率が悪いので有料サイトを利用しています。昔はAdobe Stock…を利用していたのですが、今回からPixta…を利用、きっかけはピクスタの株主になったことに由来しているのですが・。

そこで今回はPixta活用のメリット、強みについて分析をすることにした。

Pixtaを知るようになったきっかけは、メディアなどで引用先としてPixtaと記載のある素材が多数存在するためです。

それでは、わたしの主観で比較表を

Pixta Adobe
画像の質 日本のニーズにあった画像が多い
日本語のイラストや日本人の画像が多数準備
グローバルで通用する標準的なコンテンツが多い
アレがほしい、というときに合わない
事業内容 写真をフックとしたサービス群 画像・映像などのソフトウェア主体
価格 少々高い 比較的リーズナブル

 

最新のPixtaの事業説明資料

00

売上も昨対比で比較して増加、黒字化していますね。

画像販売だけでなく、家族・こども写真の出張撮影プラットフォームやスマホ写真のマーケットプレイス・SNSビジュアルマーケティングなど、事業の幅を画像をフックに広げていることにも魅力を感じませんか?

グローバルな素材であればAdobe、国内向けであればPixtaのように感じますがみなさんはいかがですか?

他の企業分析の記事…

 

コメントを残す