身近なAI 人工知能 今後の可能性

最新更新日 2022年9月25日

AIという言葉が先行して以来、徐々に様々なサービスが提供されるようになりました。

無意識のうちに当たり前のように利用されているのが、「google翻訳…」や「google画像検索…」ではないでしょうか?

「ドラえもん」の「ほんやくコンニャク」も形を変えて実現されています。

チェスや将棋でAIが勝ったというニュースも第一の話題となりましたね。

 

それから数年、AIの基礎技術がさまざまな商品として提供され始めています。

ビジネス分野では、金融、小売、製造、物流など、幅広い分野でAIの活用が進んでいます。

個人ユーザーの場合、AIの活用はまだ黎明期ですが、Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーは身近ですね。

 

最近AIで驚いたのは、AIがライティング【Catchy】
さらにAI作画… ですね。無料で試せるので、もし興味あれば。

 



(参考) AI 人工知能 ライティング Catchyの記事

AI 人工知能が「考える」を支援『Catchy』

 

 

まずはAI国内市場の需要予測をみてみましょう

IDCのプレスリリース…によれば、2022年の国内AIシステム市場における市場規模(エンドユーザー支出額ベース)は、3,576億円、2021年~2026年の年間平均成長率(CAGR)は24.0%で推移し、2026年には8,120億円まで成長すると書かれています。成長率も高く、金額も大きい、新しい市場が生まれるまさに、プラスサムの状況ですね、。

 

 

ちなみに、国内クラウド市場予測…は、2021年が前年比34.7%増の4兆2,018億円、2021年~2026年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は21.1%で推移し、2026年の市場規模は2021年比約2.6倍の10兆9,381億円とされているので、額ベースではクラウドが圧倒的ですが、成長ではAIが上回る見込みですね。

 

 

国内AI 企業

業界動向SEARCH.COM…によりますと、AI大手4社はFRONTEO、PKSHA TECHNOLOGY、ブレンパッド、AI Insideとされています。

 

企業 事業内容
FRONTEO… リーガルテック事業で培ったAI技術をもとに、2014年より金融、知財、人事、医療分野へと事業のフィールドを拡大し、膨大な量のテキストデータの中から意味のある重要なデータを検出することで、業務負担を軽減し、業務の効率化を実現
PKSHA TECHNOLOGY… コミュニケーション領域のDXのパイオニアで、チャットボット、ボイスボット、FAQシステム、AI音声書き起こし・分析サービスを提供中
ブレインパッド… 企業の経営改善を支援するビッグデータ活用サービス、デジタルマーケティングサービス
AI Inside… あらゆる書類を、高精度でデジタルデータ化、自社のビジネスにフィットした高精度な画像認識・物体検知のAIモデルを簡単に作れるビジネスAIツールなどを提供。ノーコードで使いやすいのが特徴。

 

それ以外にも、頭に浮かぶのは、コンビニ無人化で話題となった「サインポスト…

 

スーパーの自動値引きで一時話題となった「シノプス…

 

他にもコンタクトセンターのSaaS「モビルス…

 

など、既にさまざまな企業がAIサービスを提供しています。

 

バフェットコードで企業を分析

細かいので、実データはバフェットコードを参照…にしてください。

 

テクノロジー系の企業は、やはり人気が高いのか、PBR/PERともに高めですね。中長期投資としては、売上や利益が堅調に成長しているのか、今が割安なのか、もう少し様子を見て投資を検討した方が良いのか、投資にあたってはしっかりと企業を分析して投資したいところですね。

 

参考:PBR / PER / ROEの関係性

投資でPBR、PER、ROEを活用する1つの方法 ファンダメンタルズ分析

 

その他の市場分析の記事

コメントを残す