ドルコスト平均法の概要とメリット・デメリット

投資
AD

最新更新日 2022年10月12日

ドルコスト平均法の概要

ドルコスト平均法は、投資家が一定の間隔で、特定の有価証券を一定額購入する投資戦略です。その目的は、投資ポートフォリオにおける市場のボラティリティの影響を軽減することです。ドルコスト平均法は、株式、債券、投資信託などの資産を購入する際に使用することができます。

 

毎月1000円分株に購入した場合

株価が1000円、500円、200円、500円と推移しても、取得金額が株価よりも下回る結果となります

 

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法にはいくつかの利点があります。これは、一定の金額を一定の間隔で証券に投資する投資手法です。一定の間隔で同じ金額を投資することによって、価格が低いときに多くの株式を購入し、価格が高いときに少ない株式を購入することができます。この手法により、市場の変動が投資ポートフォリオに与える影響を軽減することができます。

ドルコスト平均法のもう一つの利点は、それが投資の感情の一部を取るために役立つことができるということです。市場が上昇しているとき、利益を最大化するために、より多くの資金を投資したくなることがあります。しかし、これでは市場がピークに近いときに資金を投入しすぎてしまい、市場が修正されたときに損失を出す可能性があります。一定の金額を一定の間隔で投資することで、このような感情の罠を避けることができるのです。

最後に、ドルコスト平均法は、規律ある投資の習慣を作るのに役立ちます。一定の金額を一定の間隔で投資することで、定期的に投資する習慣を身につけることができます。

 

ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法にはいくつかの欠点があり、投資家はこの戦略を実行する前に知っておく必要があります。ドルコスト平均法では、投資のタイミングが考慮されないことがデメリットの1つです。これは、市場が急速に上昇し、投資家が一括投資によってこれを利用することができない場合に問題となる可能性があります。

ドルコスト平均法のもう一つの欠点は、投資家が明確な投資計画を持っていない場合、最適とは言えない結果になる可能性があることです。これは、投資家が、ある資産が高いときに多く買い、安いときに少なく買うことになる可能性があるからです。

最後に、ドルコスト平均法は、投資家が購入するたびに取引コストが発生する場合にも不利になる可能性があります。これらのコストは、戦略から任意の潜在的な利益を食べることができます。

 

例えば斜陽産業で売上や利益が減少する企業の株式価格が右肩下がりに減少すると、平均取得株価よりも実際の株価が下回る可能性があります

 

毎月1000円分株に購入した場合

 

逆に、超成長産業で右肩に業績が上がり、株価も右肩に上がる場合、平均取得株価が上がるので1ヶ月目に一括購入するよりも確保できる利益が少なくなります。

 

毎月1000円分株に購入した場合

 

比較的業績が安定していたり、緩やかな成長が期待できるなどの際にはドルコスト平均法が一つの選択肢になります。

 

投資信託は毎月定額投資できますが、株式投資は定額投資ができないので、手動で購入することが必要になります。

 

参考 主要証券会社

証券会社
SBI証券…
楽天証券…
松井証券…

 

その他の考え方の記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました