個別銘柄の中長期投資のメリットとデメリット

投資
AD

最新更新日 2022年11月4日

AD

個別株への中長期投資のメリット・デメリット

個別銘柄への中長期的な投資には、いくつかのメリットとデメリットがあります。

 

メリットの一つは、個別銘柄は慎重に選べば、分散されたポートフォリオよりも高いリターンを得られる可能性があることです。

また、株式は比較的流動性の高い投資対象であるため、簡単に売買できることもメリットの一つです。

 

しかし、個別株投資にはいくつかのデメリットもあります。

一つは、分散されたポートフォリオよりもボラティリティが大きいこと、つまり、より早く価値を失う可能性があることです。

また、銘柄を選ぶ際に、調査や分析が必要で、時間がかかるということもあります。

継続的に銘柄が増えれば増えるほど、個々の銘柄のことを頭の中で考える時間が必要になります

 

従って一定の調査や考える時間を持つことができ、ご自身の特性として合うのであれば、個別銘柄投資は1つの投資術になり得ます。

 

アクティブファンドの活用

一方、あまり自分で考えず、プロに運用を任せる方法としては、アクティブファンドを活用する方法があります。

アクティブ・ファンドとは、ファンド・マネージャーによって運用される投資信託で、ファンド・マネージャーは、ベンチマーク・インデックスを上回るリターンを得るために、ファンドの証券を積極的に選択し取引します。自分で個別銘柄に投資する方法と比較すると運用手数料が取られます。

 

日本で運用されている代表的なアクティブファンド

 

ひふみ投信
今はまだ広く知られていなかったり、ニッチな業種の企業であっても、世の中に価値を生み出す会社が成長することで、はたらく人々が元気になり、社会もよりカラフルに、ゆたかになっていきます。
成長企業に投資することは、長期的にみると私たちの未来をよりよくすることにつながると考えています。

 

おおぶね
顧客資産の持続的な増大を目的に構造的に強靭な企業への長期厳選投資を行っています

 

その他の投資サービス記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました