クレジットカードで積立投資 SBI証券や楽天証券など ポイ活

投資
AD

最近話題になっているのが、クレジットカードで投資信託の購入を促すサービスです。

 

投資信託のメリットとデメリット

投資信託には、プロが運用し、一度の取引で分散した有価証券を購入できるというメリットががあります。しかし、投資信託には手数料が高いというデメリットもあります。

 

クレジットカードで投資信託を購入する理由

クレジットカードでポイントを還元すれば、手数料が比較的安くなるのはうれしいですね。また、クレジットカードは後払いなので、資金調達の効率も良いということになります。

今まで積み立てをされている方にとっては、今までよりも手数料が軽くなるので、積み立て方法を変更しない理由はない気もします。

 

毎月の積立はドルコスト平均法が効くので、中長期的には定番の方法です。

ドルコスト平均法とは?

 

クレジットカードで投資信託を購入する注意点

現在、様々な証券会社で投資信託の購入にクレジットカードが使えるようになっています。ただし、クレジットカードで購入する場合は、毎月の限度額が定められています。複数社で購入することで、より高い月々の積立が可能です。

 

各社ポイント還元の変更が激しいので、各証券会社でポイント還元ルールを確認ください。

 

クレジットカードで毎月の投資信託が購入できる証券会社
証券会社 対象クレジットカード
SBI証券… 三井住友カード
楽天証券… 楽天カード
マネックス証券… マネックスカード

 

参考動画

 

わたしの場合は楽天証券とSBI証券でそれぞれ上限の5万円、合計10万円をクレジットカードで積み立てています

 

その他の投資ツールの記事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました