警備需要について考える

最新更新日 2022年9月27日

最近物騒な事件が続いてますね。安倍 元首相 襲撃事件に続き、UUUM ヒカキン オールスター大運動会 で 襲われるも発生。

 

安全な国 日本 ブランドに黄色信号。

本日はそこで、警備市場や動向について、調べてみました。

 

警備業界の動向や現状、ランキング によりますと、日本の警備シェアは、セコムが約30%で、圧倒的な1位、2位が綜合警備保障で約15%、3位がセントラル警備保障で約2%のようです。

 

この3社を売上、利益などでバフェットコードで分析してみると、利益面でもセコムが圧倒的に強い状況

 

ここで、気になるのが、イノベーションのジレンマ

 

警備といえば、人力ビジネスですが、技術革新でAIの活用ができる時代なので、最新のトレンドを取り入れなければ衰退するのでは、という疑問が。

 

で、調べてみると、さすがセコム。AIにも積極的に投資していることがわかります。

 

では、セコムの株式購入がベターか、と問われると、PBR 1.7倍と相対的には割高、比較的内部留保が大きく配当も2%と少なめなので、個人的にはもう少し株価がリーズナブルになってから、検討したいところです。

 

その他の市場分析の記事

コメントを残す