業界地図で今後の市場を分析する方法

最新更新日 2022年9月25日

「業界地図」は、世の中や企業のトレンドを理解し、将来の市場を予測するための重要なツールです。

これらの書籍は様々な出版社よって毎年8月頃に発行されており、どの産業が成長し、どの産業が衰退しているかについての貴重な洞察を提供しています。

 

出版社から出されている業界地図の書籍

「会社四季報」業界地図 2023年版 [ 東洋経済新報社 ]

 

日経業界地図 2023年版 [ 日本経済新聞社 ]

 

図解!業界地図2023年版 激動・激変時代を勝ち抜く企業を探す [ ビジネスリサーチ・ジャパン ]

 

「業界地図」はトレンドを理解するものと捉えているので、記事の鮮度が重要とは感じていません。したがって、書籍を購入しないで、図書館で借りても十分な気がします。

 

(参考)図書館の活用

本は買わずに図書館を活用すればタダ。おトクで経済的 節約とエコ Amazon本の図書館 自動確認も可能。

 

 

新しい本なので競争はありますが、ウォッチして早々と予約しておけば、すぐに順番が回ってきます。

 

業界地図の読み方とは?

業界地図を手に入れたら、いくつかの方法で読み解くことができます。

中長期的なトレンドフォロワーである私は、「どの業界、どの企業が伸びるか?」という仮説を確認するために使っています。

また、各業界の特徴や日本企業の強みを把握するためにも使っています。

市場が小さく、競争力のない企業に投資しても、売上や利益の増加に貢献しないため、将来のトレンドに関する仮説を立てる際には、正確さが重要なのです。

業界地図は、限られた投資用資産をどこに投下するかという意思決定をするための貴重なツールだと思っています。

 

具体的にわたしが本で理解すること

・どの市場が伸びて/どの市場が下がるのか?

・業界の特性、日本企業の強み、企業の強み

・複雑な業界の理解 (例えば半導体は幅広い領域なので丁寧に分析をしたい)

 

仮説検証の棚卸にお役立てください。

 

その他の投資ツールの記事

 

(参考)本記事はAI 人工知能のCatchyの「要点から文章を膨らませる」機能を活用してます

AI 人工知能が「考える」を支援『Catchy』

コメントを残す