投資詐欺に巻き込まれないように気をつけること

最新更新日 2022年10月5日

投資詐欺はいつの時代も発生しています。投資詐欺に巻き込まれないためには、自分で予防策を講じるしかないのです。

 

金融庁のホームページでも、詐欺的な投資勧誘等への注意喚起が行われています…

 

私も、以下のような予防策をとるようにしています。

 

投資には必ずリスクがある

投資に関しては、常にある程度のリスクがあることを覚えておくことが重要です。リスクの低い投資を見つけることは可能ですが、完全にリスクのない投資などありえません。同様に、利回りの高い投資先の話も、話がうますぎる可能性があるので、懐疑的に扱う必要があります。

 

投資の最終判断は自分

最終的な投資判断は自分自身であり、何に投資するかは自分で決めなければなりません。

つまり、自分なりの仮説を持ち、自分なりに調査し、自分なりの判断をすることです。

誰かからのオファーをチャンスと思わず、その内容をよく吟味することです。

郵便受けに入っているチラシに、利回りが◯◯%とか書いてあったり、突然電話番号で調べたりするのは要注意です。最近では、身近な人やtwitterや有名なインフルエンサーから誘われることも少なくないので、慎重に判断する必要があります。

 

運営会社が信用・信頼できるかどうか、複数のリソースで確認

運用会社への投資を検討する際には、その会社が信頼できる会社かどうか、しっかりと調べることが大切です。

調べる内容としては、投資資金を守る仕組みが国から認定されているか、上場企業か上場企業の子会社か、どの銀行や証券会社から認定されているか、などがあります。

重要なのは、そのような情報をその会社の営業マンに聞いて言葉を鵜呑みにするのではなく、自分で独自に調査することです。

 

投資ばなしには、要注意です!

 

参考 銀行や証券会社からの仕組債勧誘にも要注意です!

仕組債は利息高いけどリスク高く手数料も高い 銀行や証券会社の合法的 勧誘に注意!

 

その他の考え方の記事

 

(参考)本記事はAI 人工知能のCatchyで記事をリライトしています

AI 人工知能が「考える」を支援『Catchy』

 

コメントを残す