カーボンニュートラル:脱炭素社会・環境に優しい事業領域や企業について

最新更新日 2022年9月30日

気候変動の問題は、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料の大量消費によって引き起こされました。

そのため、地球温暖化や地球変動が加速しています。その結果、私たちは脱炭素社会で活動する方法を模索し、環境負荷の低減を図る必要があります。日本の株式市場における当該事業について、「発電」、「リユースとリサイクル」、「食糧」の3つに分けて考えます。

 

発電

クリーンエネルギーの発電方法には、水力、地熱、風力、太陽光発電などさまざまなものがあります。太陽光発電は震災後に大量に建設されましたが、その発電設備の廃棄の負担が話題になっています。

日本のクリーンエネルギーの問題点は、自国での生産が得意な分野が少ないことです。太陽光発電はかつて日本では高度な技術でしたが、今は海外で生産されることが多くなっています。

水力、地熱、風力は、日本で小規模に装置を作っているところもありますが、ほとんど海外製と理解しています。 ですから、自国での技術や生産が期待される企業こそ、より貢献し、成長していくのではないかというのが私の考えです。

つまり、日本のクリーンエネルギー分野は、必要な技術や設備を自前で生産できる企業が少ないため、力強さに欠けるのです。特に、福島第一原発の事故など最近の出来事を考えると、これは問題になっています。

これからは、メイド・イン・ジャパンのクリーンエネルギーを提供できる企業をもっと育てていくことが必要です。そうすることで、より持続可能なエネルギーの未来が見えてくるのではないでしょうか。

MINKABUの再生可能エネルギーの銘柄リスト…

 

リユースとリサイクル

もうひとつ、リユース・リサイクル事業も重要な分野です。

近年、リユース・リサイクル製品の市場は大きく拡大しています。

その背景には、中古品と新品との価格差が小さくなってきたこと、中古品への抵抗感が薄れてきたことなどがあります。

リユース製品の市場は、自動車から家電製品まで多岐にわたります。また、日本の都市に埋蔵されている貴金属などの「都市鉱山」を活用するために、リサイクル製品の市場も拡大しています。

リユース・リサイクル市場の成長は、企業にとって大きなチャンスとなります。しかし、この市場はまだ比較的新しいものであり、成功するためには克服しなければならない多くの課題があることに留意する必要があり、今後成長を遂げる会社を見つける目利きが必要となります。

MINKABUの中古車銘柄リスト…

MINKABUのリユース銘柄リスト…

MINKABUのリサイクル銘柄リスト…

 

食糧

最後に、食糧の製造における環境負荷の軽減や食品ロスをなくすための仕組みが必要です。

これには、代替食材を地球に負担をかけない仕組みや賞味期限を伸ばす工夫も含まれます。

 

 

いかがでしたか?持続可能な地球の未来をつくるために必要な施策となりますので、銘柄選びのご参考にしてください。

 

参考 金属のリサイクル市場動向と投資の検討

金属のリサイクル市場動向と投資の検討

 

参考 PCの金属価値から無料で引き取ってもらえるリネットジャパンのサービス

PCはお金を払ってリサイクルせず、PCと不要な家電をタダで引き取ってくれるサービスを活用しよう PCとセットなら小型家電も無料宅配便回収

 

 

その他の市場分析の記事

 

 

(参考)本記事はAI 人工知能のCatchyで記事をリライトしています

AI 人工知能が「考える」を支援『Catchy』

 

コメントを残す