株券を貸して金利を得る貸株の活用法と注意点

投資
AD

最新更新日 2022年10月1日

貸株とは

株を手数料と引き換えに株式を他の当事者に貸し出すことです。借り手は株式から収入を得ることを期待し、貸し手は貸株料を支払い、株式の全額を提供することなく株式へのエクスポージャーを得ることを期待します。やり方はとても簡単でWebから簡単に申し込みができます。

 

株券を貸して金利を得るメリット

貸株には様々なメリットがありますが、その中でも特に、対象株式を売却することなく収益 を得ることができる点が挙げられます。特に、株式を手放したくない投資家にとっては、魅力的な提案となります。

 

株券を貸して金利を得るリスク

株券を貸し出して利息を得ることのデメリットは、有価証券を長期間拘束する可能性があることです。

貸し倒れにより有価証券と利息の両方を失うリスクもあります。

金利の高さで貸株の銘柄を選ぶ場合は、特に株価の下落リスクを考慮に入れる必要があります。金利の高さ=ニーズが高いという側面もありますので、株が売られやすいという特性を秘めています。

株主優待銘柄の場合、権利確定日や継続保有ルールに即して貸株を引き出す処理を行わない場合、株主優待の権利を失うリスクがあります。

 

貸株に関する参考動画

「株」持ってるだけなら貸株してみよう!マヂカルラブリーと学ぶ松井証券… 資産運用!

 

貸株金利サービスを2年間やってみた結果 メリットとデメリットを解説

 

わたしの貸株ルール

証券会社を選ぶ方法

証券会社は、貸株で金利が得られる会社を選んでいます。また、信用口座を持っていても貸株のできる証券会社を選んでいます。貸し倒れリスクはありますが、大手の証券会社が倒産するリスクは個人的には低いと判断をしています。

証券会社 貸株 信用口座併用
SBI証券…
楽天証券…
松井証券…
GMOクリック証券…

マネックス証券とauカブコム証券は信用口座併用がNG、SMBC日興証券、大和証券は貸株サービスを提供していません。

野村証券は、株式得とく登録(事前登録型株式等貸借取引)…がありますが、貸株とは別のサービスな気がします。

 

貸株の銘柄選定

貸株の金利を意識して株を購入することはせず、購入した株のうち、金利の高い株について貸株にまわすようにしています

 

優待銘柄の貸株について

株主優待銘柄の場合、長期保有ルールが存在する場合には、貸株にはしてません。

長期保有ルールが存在していない場合、優待権利自動取得サービス付きの機能を設定して、権利確定日は自動で株を引き出しながら、貸株をしています。

なお、貸出先から株が返却されない場合、証券会社が株券を調達し返却してもらえますが、返却が遅延し株主優待や議決権等を失うリスクはあります。わたしの場合、過去にそのような事象に遭遇したことはありませんでした。

 

その他の投資サービスの記事

 

参考 本記事は AI記事作成支援ツール「Catchy」を利用しています

AI 人工知能が「文章作成・文章制作」を支援『Catchy』
最近、色々なAI登場してますが、個人的に感動しているのが、文章作成や文章制作をサポートする AI...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました