金属のリサイクル市場動向と投資の検討

市場分析
AD

最新更新日 2022年10月1日

日本は、長年にわたって培われた質の高いリサイクル産業の国として知られています。近年、金、プラチナ、銀、銅などさまざまな金属の価格が高騰しており、日本のリサイクル産業の重要性はますます高まっています。

日本は特に都市鉱山と言われ、家電製品にたくさんの金属が使われていることから、回収することで多くの希少金属が再利用できる環境にあります。

 

国内のリサイクル市場の3大トレンド

第一に、リサイクルにおいて「クローズドループ」方式を採用する企業が増えていることです。これは、より持続可能で環境に優しいアプローチと考えられています。
クローズドループとは、資源を採掘して作って捨てるというプロセスから、廃棄されていた製品を新たな資源と捉えて、循環させることを指します。

第二に、新しい技術や手法に投資して効率性を高め、製品の品質を向上させようとするリサイクル企業が増えています。

第三に、多くのリサイクル企業が海外展開のための投資を行っています。これは、国内市場が飽和状態になりつつあり、リサイクル業者が新たな市場開拓を模索しているためです。

 

金属再利用系の国内上場企業の業績

3年前と比較すると各社大きく売上を伸ばしている傾向にあります。営業利益は事業の内容によってまちまちです。

対象企業: 中外鉱業、トレジャー・ファクトリー、リネットジャパンG、エンビプロ・HD、イボキン、アサヒHD、松田産業、TREHD

引用元 バフェットコード 詳細のデータ…

 

今後の動向と投資戦略

政府も資源を繰り返し利用する「循環経済」関連ビジネスの国内市場規模について、現在の50兆円から2030年に80兆円以上へ拡大することを方針として盛り込んでおります。

一方、比較的株価は折り込んできており、PBRが日経平均よりも高い状態にあることから、割安水準まで待つか、大きく売上や利益の期待値の大きい企業への投資検討が必要な断面となっています。

また、リスクとしては、今後も資源価格が高止まりしてれば、比較的好調な市場が期待できますが、下落すると、価格が下がるのでリサイクルコスト>製造コスト となり、利益を押し下げる可能性があるので注意が必要です。

 

参考 PCの金属価値から無料で引き取ってもらえるリネットジャパンのサービス

PCはお金を払ってリサイクルせず、PCと不要な家電をタダで引き取ってくれるサービスを活用しよう PCとセットなら小型家電も無料宅配便回収
PCを廃棄するとき、みなさんはどうされていますか? PC破棄のルール 平成15年10月1...

 

参考 脱炭素社会・環境に優しい事業領域や企業について

カーボンニュートラル:脱炭素社会・環境に優しい事業領域や企業について
気候変動の問題は、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料の大量消費によって引き起こされました。 そ...

 

その他の市場動向の記事

 

参考 本記事は AI記事作成支援ツール「Catchy」を利用しています

AI 人工知能が「文章作成・文章制作」を支援『Catchy』
最近、色々なAI登場してますが、個人的に感動しているのが、文章作成や文章制作をサポートする AI...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました