株式市場で取引されるETF と ETN の魅力とリスク

投資
AD

最新更新日 2022年10月1日

ETFとETNの用語説明

ETF(上場投資信託)は、株式と同じように証券取引所で取引される投資信託の一種です。ETFは、インデックス、商品、または資産のバスケットを追跡する有価証券のバスケットです。例えば、SPDR S&P 500 ETF は S&P 500 指数を追跡し、同じ 500 銘柄をポートフォリオに組み込んでいます。

ETN (Exchange-traded note / 上場債券) は、証券取引所で取引される無担保劣後債の一種です。ETFとは異なり、ETNはいかなる原資産も保有していません。その代わり、ETN は発行者の信用によって支えられています。例えば、iPath S&P 500 VIX Short-Term Futures ETN は S&P 500 VIX Short-Term Futures Index を追跡し、米国株式市場のボラティリティへのエクスポージャーを提供します。

 

ETFやETNと投資信託の違い

・低い費用。ETFは通常、同等の投資信託よりも低い費用で運用されています。

・より大きな柔軟性。投資信託の価格が1日に1回しか更新されないのに対し、ETFやETNは1日中取引可能です。

 

参考動画:初心者向け 投資信託とETFの違いを分かりやすく解説

 

ETFやETNを取引するメリット

ETFとETNは、株式の柔軟性と投資信託の多様性を提供し、日本株の取引時間、株式投資と同じように取引ができます。

 

ETFやETNを取引するデメリット

・ETFとETNは証券取引所で取引されており、株式と同じリスクにさらされています。これらのリスクには、市場リスク、流動性リスク、信用リスクなどがあります。

・ETFやETNとして上場している銘柄には限りがあります。投資信託の方が数が多くバリエーションも多いため、選択肢は広がります。

・個別銘柄への投資と比較すると運用手数料が発生します。運用手数料はそれぞれのETFやETNのホームページで確認することが必要です。

 

実際に東証に上場されているETFやETN

日本株の指数やテーマ、外国株の指数、債券、不動産(REIT)、商品・商品指数、レバレッジ有(指数の2倍変動)など、幅広い商品が上場しています。

日本株の指数の例
TOPIX連動、日経平均 日経225 連動、マザーズ連動

日本株のテーマの例
高配当、デジタル・イノベーション、クリーンテックESG、バイオ、ロボティクス、AI、ゲーム、アニメ、半導体、フィンテック

外国株の指数の例
KODEX、中国A株、中国株、インド株式指数Nifty、タイ株式SET、マレーシアKLCI指数、欧州株、英国大型株 FTSE100

債券の例
日本国債、アジア債券インデックス

不動産の例
東証REIT指数連動など

商品・商品指数の例
原油、大豆、小麦、とうもろこし、金、銀、プラチナ、パラジウム、天然ガス

 

全ETFリスト…  全ETNリスト…  レバレッジ型・インバース型商品…

 

実取引での活用方法

取引は証券会社経由で行います

証券会社 ETF 投資信託
SBI証券…
楽天証券…
松井証券…

 

例えば、半導体が暴落局面だけど、将来需要が戻ることを見越して半導体銘柄に投資したい場合に個別銘柄ではなくテーマETF 2644 グローバルX 半導体関連… を購入しておくことができます。

日経平均株価が上がると予測するのであれば、日経平均株価連動型の商品を購入したり、逆に下がると予測するならば、日経平均ベア型の商品もあります。ただしベア型の商品は運用手数料が高めです。

 

その他の投資サービスの記事

 

参考 本記事は AI記事作成支援ツール「Catchy」を利用しています

AI 人工知能が「文章作成・文章制作」を支援『Catchy』
最近、色々なAI登場してますが、個人的に感動しているのが、文章作成や文章制作をサポートする AI...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました