日経平均株価と指数への投資方法

投資
AD
日経平均株価とは?

日経平均株価は、東京証券取引所(東証)の株式市場の指標です。単に日経平均や日経225とも呼ばれ、これは、東京証券取引所のプライム市場※の中から225銘柄を選んで算出されています。

東京証券取引所に上場されている銘柄は、プライム市場、スタンダード市場、グロース市場にに分けられます…

日経平均は日本の株式市場の代名詞としてよく利用されますが、すべてのプライム市場に上場している銘柄を代表しているわけではないことに留意する必要があります。

 

日経平均株価の推移

日経平均株価の歴史は古く、1950年に誕生しました。それ以来、何度も高値と安値を更新してきました。

日経平均の歴史的な安値には、以下のようなものがあります。

1977: 8,450.40
1992: 19,211.90
2003: 7,606.15
2009: 7054.98

日経平均株価は、東京の株式市場全体のパフォーマンスを知ることができるため、投資家にとって有用なツールです。

日経平均株価は歴史的に多くの安値を記録してきましたが、同時に非常に不安定な動きもしてきました。

 

日経平均株価の活用方法

日経平均株価を地合いやトレンドの把握のための判断材料として利用することは、日本の株式市場へのエクスポージャーを得るために有効な方法です。

 

日経平均株価 指数への投資

個別銘柄ではなく、日経平均株価指数に連動した投資商品を購入することが可能です。

上場投資信託(ETF)、投資信託、先物などです。これらの商品は証券会社で購入することが可能です。

証券会社 ETF 投資信託
SBI証券…
楽天証券…
松井証券…

 

ETFは特に手数料が少なく手軽に投資できる商品で、投資信託の場合、指数の数倍の値動きとなるような商品も提供されています。

当然リスクも高く手数料も高めの設定であることから、慎重な投資判断が必要となります。

 

 

その他の投資サービスの記事

 

参考 本記事は AI記事作成支援ツール「Catchy」を利用しています

AI 人工知能が「文章作成・文章制作」を支援『Catchy』
最近、色々なAI登場してますが、個人的に感動しているのが、文章作成や文章制作をサポートする AI...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました