11月が権利確定月の株主優待 PBRが低く配当+優待利回り 4%を上回る会社を分析

最新更新日 2022年11月4日

11月が権利確定月の株主優待は比較的多くありますが、配当+優待利回り 4%を超え、PBRが低い株は限られます。

 

会社名 株主優待 時価総額 PER(会予) PBR 配当利回り(会予) 営業利益 営業利益率 自己資本比率
アステナHD 自社グループ商品(長期保有者向け) 16,546 15.0倍 0.6倍 4.30% 2,233 3.10% 43.00%
モリト 記念優待(クオカード) 20,135 13.0倍 0.6倍 3.80% 1,619 3.70% 73.50%
E・JHD クオカード 20,752 6.5倍 0.8倍 3.80% 4,491 12.20% 75.70%
トーセイ クオカード(長期保有者向け) 66,680 8.4倍 0.9倍 3.30% 10,965 17.80% 34.60%
サムティ 宿泊無料優待 109,559 10.7倍 1.2倍 3.80% 9,461 10.50% 23.10%
ファーストコーポレーション クオカード(長期保有者向け) 8,465 6.2倍 1.3倍 4.90% 1,919 6.40% 34.70%

最新のデータ buffetcode…

2022/11/2 現在のPBR

 

6社がリストアップされました。

自社の製品を提供されている会社は、アステナとサムティのみですね。

QUOカードを提供されている会社が多いですが、最近 優待廃止の会社も増えてきているので、注意が必要ですね。

今後の成長性と株価の割りやすさを分析して、良い株主優待を確保したいところです。

 

その他の株主優待の記事

 

コメントを残す