コーヒーメーカー 豆から全自動型で出来立てコーヒーを楽しめる家電がお勧め

生活
AD

最新更新日 2023年1月2日

AD

日本独自コーヒー文化と自宅で楽しむ方法

日本独自のコーヒー文化にご興味のある方は、こちらをご覧ください。

この記事は、日本のコーヒー文化についてもっと知りたいと思っている方に向けて書きました。

コーヒーチェーン店の台頭から、便利でお得なコーヒーメニュー、そして最近増えている家庭で楽しむコーヒーまで見ていきたいと思います。

自宅でのおすすめ コーヒーの楽しみ方についても書いています。

AD

日本におけるコーヒーチェーン店の台頭

日本独自のコーヒー文化が発展した要因として、コーヒーチェーン店の台頭が挙げられます。

例えば、スターバックス、タリーズといったコーヒーチェーン店は、全国のディープなコーヒーの愛好家にとって人気のスポットとなっています。

これらの店舗では、コーヒー、紅茶、その他のドリンクを幅広く取り揃えており、カジュアルからディープなコーヒー好きにも、より洗練された体験を求める人にも最適です。

日本のコーヒーチェーンは、ドリンクのカスタマイズやポイントプログラムなど、より良い体験をするための様々なオプションを提供しています。

例えば、コーヒーや紅茶の種類を選んだり、トッピングやシロップを変えたりして、より自分好みの味にカスタマイズすることができます。

さらに、多くのコーヒーチェーンでは、お客様が購入した商品に応じてポイントを獲得し、そのポイントを利用して追加のコーヒーやその他の商品を購入できるロイヤリティプログラムを提供しています。

美味しいコーヒーを提供する高級店になればなるほど、高価格になりがち。従って毎日、日常的に楽しむにはハードルが高い側面もあります。

AD

便利でリーズナブルなコーヒーメニュー

コーヒーチェーン店の台頭に加え、日本独自のコーヒー文化は、コーヒーメニューの利便性と手ごろな価格から大きな影響を受けています。

最近はコンビニでリーズナブルなドリップコーヒーを楽しむこともできます。

コンビニエンス ストア コーヒーの主な特徴は、その速度、利便性、手頃な価格と可用性です。

コンビニはすぐに見つけることができます。しかも全自動なので、価格もコーヒーチェーンと比べれば手軽に楽しむことができます。

AD

自宅でコーヒーを楽しむ

日本のコーヒー文化に影響を与えているもう一つの要因は、自宅でのコーヒー消費量の増加です。

一時期流行ったのは、カプセル型のコーヒー。主にネスレが展開しています。

手軽にコーヒーが飲めるのですが、本体が安くても意外にカプセルに依存する生活となってしまいます。例えばドルチェ グスト…

カプセルを入れるだけで手軽ではありますが、このカプセルはネスレに依存する形になります。

好きな豆を楽しむこともできないので、制約事項になるわけです。

そこで、わたしも愛用していて、オススメなのは、豆から全自動型で出来立てコーヒーを楽しめる家電なのです。

豆を自動で粉にしてくれるので、香りも楽しむことができ、粉の珈琲を買ってきて楽しむこともできます。

豆と水を入れるだけで勝手に出来立てのコーヒーが楽しめる店も魅力的です。

全自動コーヒーメーカーの解説動画

豆から全自動型のコーヒーメーカーの老舗といえばパナソニックでしょう。

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

パナソニック コーヒーメーカー 全自動 ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック NC-A57-K

構造がシンプルなので、洗うのも簡単でありがたいです。保温もできます。手軽に始めるならこちらの商品がオススメです。

動画で紹介されたその他の製品もリンクを貼っておきますので、参考にしてください。

象印 珈琲通 EC-SA40

象印 コーヒーメーカー 全自動 コーヒーミル付き 4杯用 ガラス容器 ステンレスメッシュフィルター ペーパーフィルター 外して洗える水タンク 珈琲通 ブラック EC-SA40-BA

siroca コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111

シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー [ガラスサーバー/予約タイマー/自動計量] SC-C111

TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー 3杯用 CM-D457B

ツインバード 全自動コーヒーメーカー ミル付き 臼式 3杯用 蒸らし 湯温調節 ブラック CM-D457B

新潟県燕市のふるさと納税の返礼品としてももらえます…

その他の自動化・効率化の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました