リセッションの舞台裏:景気後退のメカニズムと株式市場の暴落シナリオに迫る

投資
AD

最新更新日 2023年5月4日

「最近話題のリセッション」をテーマに、景気後退のメカニズムと米国発の株式市場の暴落シナリオを探ります。

リセッションが起こる理由や影響はもちろん、あなたが今後の投資戦略に参考となる情報を提供します。

AD

リセッションの発生要因

経済学における「リセッション」とは、一般的に、国内総生産(GDP)が2四半期以上連続で減少し、企業の業績や雇用情勢が悪化する経済現象を指します。

リセッションが発生するメカニズムには、以下のような要因が考えられます。

ビジネスサイクル

経済活動はサイクル的に上昇と下降を繰り返しており、景気がピークに達した後にリセッションが発生することが多いとされています。

景気は循環するため、急激な成長が生じた場合、過剰投資や物価上昇が発生することがあり、最終的には景気後退が生じることがあります。

金融政策

政府の金融政策によって、金利や貨幣供給量が変化するため、リセッションの要因となることがあります。

例えば、金利が高いと企業の投資が減少し、消費も抑制されるため、経済活動が鈍化する可能性があります。

外部要因

自然災害や国際情勢の変化など、国内経済以外の要因がリセッションを引き起こすことがあります。

例えば、世界的な景気後退や原油価格の高騰によって、国内の景気が悪化することがあります。

信用収縮

銀行などの金融機関が貸し出しを減らしたり、融資を厳しくすることで、企業や消費者の資金調達が困難になり、経済活動が鈍化することがあります。

これらの要因が相互作用することで、リセッションが発生することがあります。しかし、リセッションが起こる具体的なメカニズムは、常に異なるため、経済学者たちが様々な理論を提唱している状況です。

AD

米国のリセッション懸念

リセションに関する情報はtwitterのつぶやきで確認ができます

金融不安はまだ終わってはおらず、一部で求人も落ちてきていることから、リセッション懸念は引き続き続きます。

AD

リセッションへ投資家はどのような備える方法があるでしょうか?

リセッション懸念が高まる中、投資家が備えるべきポイントをいくつか挙げます。

ポートフォリオの多様化

リセッション期間中、あらゆる市場が下落する可能性があります。そのため、一つの資産クラスに偏らないように、株式、債券、不動産など様々な資産クラスに分散投資することが重要です。

キャッシュポジションの確保

リセッション期間中は、資金が必要になった際に、株式や不動産などの資産を売却することが難しくなる可能性があります。そのため、必要な分のキャッシュポジションを確保しておくことが重要です。

長期的な投資目標に基づいた戦略の確立

短期的な市場変動に左右されず、長期的な投資目標に基づいた戦略を確立することが大切です。

長期的に見て、株式市場は成長する傾向にありますので、パニックに陥らずに冷静に判断することが大切です。

金融アドバイザーとの相談

リセッションに備えるためには、金融アドバイザーと相談することが有効です。

自分に合った投資戦略や、投資家としてのリスク許容度などを相談することで、より良い投資判断を行うことができます。

これらのポイントを踏まえ、リセッション期間中も冷静に投資判断を行い、長期的な目線で資産運用を行うことが大切です。

AD

その他

現在の株式市場を、2020年のコロナ暴落を基準として比較してみましょう。

こちらは、東証マザーズETF(青)を、日経平均(橙)、ダウ(緑)、ナスダック(黄)と比較したグラフです。相対的にはマザーズが下回っていることがわかるので、もしかしたら押し目がいで良い銘柄が見つかるチャンスかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました