PR

最近 比較的 PTS(私設取引システム)が活発と感じる トレードした感想

記事内に広告が含まれています。
PR

最新更新日 2024年3月30日

PTS(私設取引システム)をご存知ですか?

「Proprietary Trading System」の略であり、証券取引所以外で行われる株式取引の場を指します。

従来、株式取引は証券取引所を通じて行われていましたが、PTSはそれとは異なる、証券会社や金融機関が運営する電子取引システムを通じて取引が行われます。

例えばSBI証券などで提供されています。

PR

PTSの特徴

PTSの特徴は取引時間が長いことです。多くのPTSでは、証券取引所の取引時間よりも長い時間帯で取引が可能です。例えば、夜間取引を行っている場合もあります。

PTSは証券取引所と比べて新しい市場であり、取引量が少ないことから流動性が低い場合があります。しかし、利用者が増えることで流動性も向上しています。

PR

PTSのトレードをしていて感じること

最近、比較的トレードの機会が増えてきています。流動性が懸念なのですが、比較的取引が成立しやすいように感じます。

但し、約定の価格については、思っているよりもボラが大きいように感じます。

想像ではありますが、個人投資家が多く参加しており、大口のトレードが限られているからだと思います。

PR

PTSトレードの活用方法

証券取引所では欲しい価格帯で買ったり、売ったりできなくても、実はPTSで欲しい価格帯で売買が成立する可能性があります。

従って注目している銘柄については、コツコツ値段を見て、売買にふさわしい価格帯であれば、売買するようにしてます。

但し、先ほど説明の通り、ボラが大きいところでもあるので、流れに任せるのではなく、最初から自分で購入や売却の価格を決めて、流されないようにすることが大切だと感じたりします。

相対的な割安・割高よりも絶対的な割安・割高(PBRやPERの活用)で判断した方が無難と感じたりしてます。

SBI証券

コメント

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを確認

広告ブロッカーを使用していることを検出しました。広告ブロッカーを無効にしてください。本サイトは広告の収益で運営しております。ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました