投資のロボットアドバイザー活用方法

投資
AD

最新更新日 2022年10月1日

ロボットアドバイザーが登場して、ある程度時間が経過、活用している人も増えているのではないでしょうか?本日はロボットアドバイザー投資の特徴と活用方法について共有します。

 

ロボットアドバイザーとは?

ロボットアドバイザーは、投資運用を行うためのコンピュータプログラムです。ロボアドバイザーとも呼ばれる。最初のロボアドバイザーは2008年に登場しました。

 

ロボットアドバイザーの種類

世の中には一般的に3種類のロボットアドバイザーがあり、日本ではパッシブ型が多い印象です。

1)パッシブ型ロボットアドバイザー:低コストのインデックスファンドに投資する。
2)アクティブ型ロボットアドバイザー:積極的に株式を売買し、市場に勝つことを目指す。
3)ハイブリッド型ロボットアドバイザー:パッシブとアクティブの両方の要素を取り入れた投資。

 

ロボット・アドバイザーのメリット

1)人間のアドバイザーより低コスト
2)より客観的な視点が得られる。
3)24時間365日利用可能である。

 

ロボットアドバイザーのデメリット

1) パーソナライズされたアドバイスを提供する能力に欠けている。
2)複雑な投資戦略に対応できない可能性がある。

 

ロボット・アドバイザーを利用する際の注意点

1)目標を明確にする:投資で何を達成しようとしているのか?
2)リスク許容度を考慮する:どの程度のリスクを取るつもりなのか?
3)自分に合ったロボットアドバイザーを選ぶ:様々な選択肢があるので、自分に合ったものを見つけることが重要です。

 

日本の主要ロボットアドバイザー

基本的にドル建てのETFや投資信託なので、為替リスクを受けることになる点がポイント

投資先 手数料(年率税込) 市場変化への対応
THEO 最大30種類以上の
米国のETF
0.715% – 1.10% 市場の下落リスクを事前に予想するためにAIを活用した機能が搭載
Wealth Navi 6〜7つの
米国のETF
1.1%
但し3000万円超は0.55%
未記載
楽ラップ 以下の投資信託
国内株式
外国株式
国内債券
外国債券
REIT
0.715% 株式市場の値動きが大きい状況が続いた場合に、債券の配分を自動で増やす機能の付いた運用コース
SBIラップ 以下のETFの投資信託
米国株式
先進国株式
新興国株式
米国債券
米国ハイイールド債券
新興国債券
米国不動産
0.660% 相場に合わせて自動でリスクを調整

ご注意事項:手数料には実際運用時に購入するETFや投資信託の手数料は含まれません。

ロボットアドバイザーの活用方法

分散投資を行い、自動で投資先のリバランスや相場変動に対処してくれることを期待している場合には一つの選択肢になり得ます。積立投資をすることで、ドルコスト平均法の恩恵も受けられます。

一方、さまざまなロボットアドバイザーが存在するので、実際にどのようなプロダクトに投資しているのか、手数料は妥当なのか、を加味して検討することが必要だと思います。

なお、わたしは、THEOとSBIラップの2つのロボットアドバイザーを契約、毎月の積立投資をしています。

THEOは、比較的採用しているETFの数が多いので分散投資が効きやすいと感じたこと、SBIラップは株価の大きな変動などを予測してAIが例えば株の投資を控えるなどの対応を自動で行なってくれるためです。個人で個別に対応するのは大変な労力と時間を伴うので、手数料払う以上の価値を提供してもらえると感じているからです。

ただし、理解しておくべきことは、ロボット投資に依存してしまうと米ドル依存、為替依存となるため、国内のアクティブファンドや個別株投資も組み合わせて運用しています。

 

その他の投資サービスの記事

 

参考 本記事は AI記事作成支援ツール「Catchy」を利用しています

AI 人工知能が「文章作成・文章制作」を支援『Catchy』
最近、色々なAI登場してますが、個人的に感動しているのが、文章作成や文章制作をサポートする AI...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました