Go To Eat の方が Go To Travel [全国旅行支援] より お得と感じる理由 節約

最新更新日 2022年11月14日

Go To Travelに加えて、Go To Eatのキャンペーンが本格的に開催されています。

 

Go To Eatキャンペーンは、COVID-19の大流行を受け、2020年10月に開始されました。このキャンペーンでは、日本国内の参加レストランで25%の割引が受けられます。このキャンペーンは、パンデミックによって大きな打撃を受けた外食産業を支援するために企画されました。

一度コロナ拡大により停止していましたが、11/10より再開しました。

 

1.経済効果

Go To Eatキャンペーンは、外食産業に対してプラスの経済効果をもたらしました。このキャンペーンにより、レストランの売上が増加しました。さらに、このキャンペーンは外食産業における雇用の創出にも役立っています。また、Go To Eatキャンペーンは、地元企業での消費を促進することで、地域経済の活性化にも役立っています。

お金のばらまきと非難されることもありますが。

 

2.外出機会の増加

Go To Eatキャンペーンにより、参加レストランへの来客数が増加しました。このキャンペーンは、レストランにとってビジネスの拡大に役立っています。また、このキャンペーンにより、外食をする人の数が増えました。

 

3.Go To Travelとの違い

Go To Travelにおいては、開催と同時にホテルの価格が軒並み上昇、キャンペーンを活用してもお得に感じない場合も少なくありませんでした。特に一人で滞在する場合、割引が限られるので、二人、三人、四人が同じ部屋に滞在しないと、安く泊まることが難しい状況でした。

 

一方、Go To Eatにおいては、キャンペーン利用のお客様だけではないため、飲食店は便乗値上げは実施していません。さらに原則としてクーポンとの併用も可能なので、お安く利用することができるのです。

 

従って、今後忘年会や新年会もありますので、外食機会が多い方は、Go To Eatの活用して節約しましょう。

 

Go To Eat Tokyoの攻略についての記事

忘年会 節約 第二弾 Go To Eat キャンペーン Tokyo 攻略 デジタル / アナログ 食事券 申込 11/10 再開 / 開始

 

Go To Travel 全国旅行支援の記事

「全国旅行支援」 国内旅行 割引 節約 攻略

 

その他の節約の記事

コメントを残す