インバウンド需要が徐々に正常化 入国者数の制限緩和と観光目的の外国人受け入れ再開

最新更新日 2022年6月2日

インバウンド需要が、6/1から少しずつ解放の見込みです。

 

.・6/1から入国者上限が1万人から2万人へ緩和

・6/10から団体旅行の外国人観光客の受け入れ開始

 

海外と比べると緩和は緩やかではありますが、それでもインバンドの需要が徐々に戻ってくる状況です。

円安が進んでいるので、特に海外から日本に割安で来られるので、旅行需要の戻りに期待したいところですね。

観光立国を目指して2019年は3,500万人の外国の方が来られていたのが、2021年は77万人。2%まで減少してました。

 

それが再開するということは、お金を日本で落としていただける方が増えることが期待されるわけです。

なお、訪日外国人消費動向調査…によれば、その額一人35万円だそうです。

 

インバンドで国内で消費されやすい業界とは?

 

・ホテルに泊まる人が増える → ホテル業界 売上高&シェアランキング…

・食事をする人が増える → 飲食業界シェア&ランキング…

・お土産を買う人が増える → 小売業界 売上高&シェアランキング…

 

企業によっては財務が傷んでいたりするので、安い株価の会社に飛びつくのは注意が必要ですが、見極めながら割安で成長が期待できる企業を調べてみても良い時期に来ているのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。