久々に訪問するとそのお店の差別化に気付かされる サイゼリヤの改善活動・深化とは? キャッシュレス、オーダーシート、WiFi利用、お皿見直し

最新更新日 2022年9月25日

定期的に訪問しているレストランやショップについては、その変化に気づきづらい。

久々に尋ねると、そのお店の深化がわかる。

 

今回、サイゼリヤを利用するのは、コロナ禍前に利用したので数年ぶり。

YouTubeで検索すると、たくさんのサイゼリヤ コンテンツが。愛されていることがわかります。

 

実は、サイゼリヤを訪問していなかった理由があります。

 

・ Wi-Fiが使えない

・ お皿やコップの汚れが気になる
  機械に任せっきりで、店員が汚れていることに気づいていないことが一番気になりました。

 

特に清潔感は重視しています。最近も大阪王将の店舗が閉店に追い込まれることも。

 

 

今回、なぜ久々にサイゼリヤへ行くことになったかというと、上島珈琲がほぼ満員でとても混雑していたから。

つまり、カフェが空いていたら今回も行かなかった。一度悪い印象を持たれてる怖さも感じますよね。

 

一方、今回お店の対応が大きく変化していて、とても感動しました。

 

・グラス。とっても綺麗。しっかりと洗っているのか、もしくはたまたま新品だったのか・・。

 

・焼き皿がテフロン加工。汚れが目立つ器に変わってる
汚れが気付きやすいので、汚れているお皿は出さないようになると思うんですよね。

 

・Wi-Fiが使える。ただし上限は180分 極端に長く滞在しないような工夫も万全

 

・オーダーは事前に紙に書いて提出するのでオーダー時間短縮を工夫

手書きで廃棄ロスが大きく減ったそう。働いている方のロイヤリティが高いのも要因なのかもしれませんね。

 

・クレジットカードやSuicaが使える

現金持ち歩く必要がなくなりました。

 

で、久々にサイゼリヤの業績を見てみる。

 

売上・利益はまだコロナ禍 以前の水準までは時間かかりそう

 

PBR 1.4倍と、飲食店としては比較的妥当な状況。一方配当少ないので、株価の上昇期待のシナリオが必要か?

 

一方、株価の流れを見ると、若干高いと感じる雰囲気も。

引用元 バフェットコード

これを契機に足が遠のいていた上場企業の店舗も回ってみようかと思いました。

 

その他の考え方の記事

 

コメントを残す