短期でも長期でも難しいFX 外国為替証拠金取引

最新更新日 2022年9月27日

この記事は、外国為替証拠金取引の難しさを知りたいと思っている方に向けて書いています。私自身、以前は外国為替証拠金取引を行っていましたが、最終的には大きな損失を出してしまい、やめました。

 

音声で聞く

 

外国為替証拠金取引(FX)とは?

外国為替証拠金取引とは、外国通貨を取引するために証券会社からお金を借りることをいいます。これは通常、より大きな利益を得るために、自分の資金にレバレッジをかけるために行われます。しかし、大きな損失を被る可能性があり、非常に危険な取引でもあります。

 

証券会社からお金を借りる取引の難しさ

証券会社からお金を借りて投資をする場合、レバレッジを利用することになります。これは、投資がうまくいって利益が出ればメリットになりますが、リスクがあることも事実です。

投資通貨が値崩れすると、利息をつけて返済しなければならないこともあります。

レバレッジを利用する際には、しっかりとしたリスク管理計画を立てることが重要です。そうすることで、損失の可能性を最小限に抑えることができます。

 

短期FXトレードの難しさ

外国為替市場は複雑で常に変化しているため、短期的な動きを予測することは困難です。中央銀行の決定、政治的安定、経済指標など、為替レートに影響を与える要因は多岐にわたります。その結果、短期の外国為替証拠金取引で利益を得ることが難しい場合があります。

米国のFOMCでの利上げや日本の円相場への為替介入といった最近の出来事は、外国為替市場のボラティリティを物語っています。このような事象は為替相場に大きな影響を与えるため、短期的な動きを予測することはさらに難しくなります。

9/22は1ドル145円まで円安に進んだと思ったら140円付近まで円高に触れています。

 

長期FXトレードの難しさ

外国為替証拠金取引のもう一つの難しさは、長期的に儲けることが非常に難しいということでもあります。というのも、為替市場は周期的に動く傾向があるからです。そのため、短期的に利益を出しても、取引している通貨が再び弱くなれば、長期的には損をする可能性があります。

発展途上国は、金利を上げないと通貨が下落するので、金利政策で通貨の下落を止めている可能性があります。それができなければ、通貨安が加速する危険性があります。

これは、その国の経済にとって深刻な問題を引き起こし、インフレ率の上昇や通貨価値の下落につながる可能性があります。

 

FXで資産が溶けている動画

 

まとめ

上記の文章からわかるように、外国為替証拠金取引は非常に難しい取り組みです。短期的に儲けることも難しいですし、長期的に儲けることも難しいです。これから外国為替証拠金取引に取り組もうとする方は、十分に注意し、そのリスクを理解する必要があります。

 

私生活での出費を固定したり、上限を決めたりすることを目的として、自分で支払えるレベルでレバレッジをかけずに取引するのが無難だと思うのです。

例えば、海外旅行や留学をしたいのであれば、必要な金額だけを円高の際に現地通貨に先に替えることで、為替の影響を抑え、費用を確定させることができます。そのような使い方は、ファイナンス的なアプローチでビジネスでも使われている手法です。

 

その他の考え方の記事

 

(参考)本記事はAI 人工知能のCatchyで記事作成とリライトしています

AI 人工知能が「考える」を支援『Catchy』

コメントを残す