今年は85kgから80kgまで5kg 減量 食事 x 運動

最新更新日 2022年11月24日

私の減量体験

今回は、私が1年間で5kgの減量に成功した体験談についてお話します。私の体験談があなたのモチベーションになれば幸いです。
なお、専門家ではないので参考に留め、医療的なアドバイスはお医者さんにご確認ください。

1.私がダイエットを決意した理由

私がダイエットをしようと思ったのは、健康上の理由からです。

体重がピークでは90kgまで到達、体が重くなると歩きたくなくなり、より運動しなくなりさらに重くなる悪循環に入ってしまいました。

結果、健康診断のスコアも少しずつ悪い方向に。そこで、色々なダイエット方法を試しました。体重が始めたときは下がるのですが、なかなか継続が難しかったのですが、最近ようやく、明るい兆しが。

2.今年の体重の変化

今年、1月の時点では85kgありました。

4月から6月にかけてリバウンド、理由はゴールデンウイークもあり、3週間ほど旅行でホテル生活で朝食と夕食が食べ放題だったことが要因だと思います。

そのあとは、緩やかに下がり、80kgの壁を超えて79.69kgまで下げることができました。

3. わたしのダイエット方法

色々な方法に取り組みましたが、最近は以下の組合せで比較的にうまくいってます

食事編

食事は11時から19時まで:16時間断食/16時間ファスティング

食事は11時から19時ですが、早朝5時頃、MCTオイルをコーヒーなどに小さじ2杯ほど加えて飲むようにしています。
食事の時間を8時間の間に絞ることで、食べる量が必然的に下がりました。
コーヒーは豆を業務スーパーで購入、自動で豆を粉にしてコーヒーを作ってくれるコーヒーメーカーも利用してます。

低糖質中心の食事内容

あまりご飯を避けて、低糖質なものを多く取るようにしています。
ご飯の代用として特に利用していたのは、大豆製品です。
納豆、豆腐、厚揚げ、おから、豆腐皮、みそ、醤油などです。

腸内環境を意識

腸内フローラが一時話題になりましたが、腸内の健康に気をつけてます。
乳酸菌の豊富な食品であるヨーグルト、キムチ、漬物などを毎日食べるようにしています
乳酸菌の食べ物となる食物繊維が豊富なきのこ、海藻類も積極的に摂取するようにしています

不足する栄養素を錠剤などで摂取

毎日の摂取している食事から、不足している栄養素をあすけんで確認して、錠剤などで補足しています。
わたしの場合はユーグレナ(ミドリムシ)、ビタミンC、ビタミンAカルシウムを飲んでます。

日常はお酒を避けてノンアルコール飲料を飲む

かつては、日常的にお酒を飲んでいました。

低糖質を意識してウイスキーなどを飲んでいましたが、結局飲み始めると、止まらなくなり、食べ物を欲してしまい、食べて体重が元に戻るという繰り返しでした。
最近、ノンアルコール飲料に変えてからは、食事量に大きな変化が起きず、比較的良好です。

飲み会など友人や職場の同僚と楽しむ時だけお酒を嗜むようにしています。

わたしのおすすめはアサヒ ドライゼロ

アルコールがゼロだけでなく、糖質や痛風の原因となる尿酸に影響するプリン体も少ないのですが、味はビールみたいでとても美味しく感じます。

運動編

運動量が昨年と比較すると約50%増加しました。Apple Watchで記録してます。

ジムで定期的な運動

雨でも暑くても寒くても、ジムなら快適な環境で楽しめるのがありがたいところ。

私が利用しているのはRIZAPの運営するFITFIELD24。Chocozapと同じコンセプトのジムで驚きの月額3,278円

ちょっとした合間時間を見つけたら行くようにしています。

いつも行く時はバイク漕いでます。1時間から2時間程度。

散歩

リモートワークで外出する時間が減ってきた頃から、今日は運動してないな、と思ったら散歩するようにしています。軽く1時間くらいですね。

テニス

趣味で週1回テニスに通ってます。

テニスコートに向かう時にも自転車+電車+徒歩で比較的活動量は大きいです。

4. まとめと今後のダイエット計画について

おかげさまで2022年は痩せてきているのですが、私の人生を振り返ると一番痩せているのは20代の59.9kg

そこまで痩せることは目指していないのですが、身長175cmのBMIで考えると、70kg-75kgを目安としてもう少しダイエットは続けたいと思っています。

さらに、わたしは遺伝的な要素も多いのですが、比較的LDLコレステロールの値が高いので、お肉よりも魚・大豆食品を多めに切り替えて、健康診断のスコアをさらに改善を進めていこうと思っています。

皆さんの健康生活の参考になれば幸いです

その他の健康の記事

コメントを残す