健康管理 毎日継続的に運動する癖、睡眠をとる癖をつけるためにApple Watch アップルウォッチで運動量を常に確認 でも頑張りすぎないことが大事

健康管理は、食事と運動、だと思いますが、運動量を測るのは大変、そんな時はApple Watch…がおすすめ。

 

毎日ムーブ(カロリー)、エクササイズ(運動時間)、スタンド(立っている時間)の3つのカテゴリで好きな時間に状況を把握することが可能です。

 

実際の私のアクティビティ

毎日達成する方がもちろん大切ではありますが、毎日記録をつけて、無理なく少しでも運動につなげようという思いを大切にしています。

Apple Watchの良いところはつけていれば運動してもしなくても、とにかく記録に残ること。入力する必要がないから、ログを確実に残すことができます。

 

最新のApple Watchだと他にもいろいろな機能がついています。

健康診断は1年に1日だけ。でもApple Watchがあれば残りの364日も、パッと見るだけで健康管理ができます。心電図のチェックも。体に取り込まれた酸素のレベルも。平均睡眠時間も。消費カロリーも。心拍数も。1日の運動量も、すべてチェック。Apple Watchがあれば、体のことが簡単にわかります。健康の未来が、手首の上に。

 

私も睡眠時間を最近気をつけています。こちらも達成するのは難しいのではありますが記録は撮られてます。

長く寝るために早く就寝するようにしているのですが、結果、朝早く起きてしまうのが課題です・・・。

健康上の異常をApple Watchが検知する場合もあります

僕を救ってくれたデバイス

 

Apple Watchを医療で活用しているニュース

 

ニュースで登場するニューハートワタナベ国際病院は外国の病院と思ったら都内です

 

Apple Watchには色々種類がありますが、個人的には、画面は大きめがベター

 

 

その他のApple Watch…

 

その他の健康記事

コメントを残す