有望 注目の小型の成長・グロース株の見つけ方

投資
Hand flip wooden cube with word "change" to "chance", Personal development and career growth or change yourself concept
AD

最新更新日 2022年10月1日

大型株の場合、すでに時価総額が高いので、それ以上の急成長を見込むのはかなりハードルが高いことになります。

小型株の場合、時価総額が数億円から存在するので、テンバガー 株価 10倍の株の期待値は総じて高くなります。

 

(参考)日経新聞の調査が示す10倍株の特色 7割は時価総額50億円未満…

 

当ブログのコンセプトとして、投資は資金が市場を通じて、世の中・社会を良くすることにつながり、結果、株主にも還元される、という考え方です。

 

従って、投資先を見つける考え方もこちらのコンセプトに即しています

 

わたしの調査の仕方は以下の通りです。

  1. 市場は成長しているのか? つまり、世の中が求めている事業なのか?
  2. 企業は何らかの差別化要素を持っていて、他社は追随しないのか?
  3. 参入障壁は高いのか?

 

1.市場は成長しているのか? 世の中が求めている事業なのか?

 

どのようなセグメントの市場が成長するのか、については、いくつかのリソースで確認することができます。

 

Web上に存在する業界トレンドの情報から分析

業界動向やトレンドを把握するツール 業界動向search.com
業界動向の把握が投資にとって重要な理由 資金運用をお考えの方は必読です。 ここでは、業界のト...

 

 

業界地図などの雑誌を読む

業界地図で今後の市場を分析する方法
「業界地図」は、世の中や企業のトレンドを理解し、将来の市場を予測するための重要なツールです。 ...

 

その他

ガートナー…IDC…などの調査会社の記事、日本政府が発行する●●白書を読むのも1つの方法

・世の中の変化を気にして、その情報を深掘りする
(記事にされる前なので、誰も気づかないうちに先行できる可能性がある)

 

2. 企業は何らかの差別化要素を持っていて、他社は追随しないのか?

・IR情報を読む

・口コミを読む

・社長の考え方や実力を調べる
( 事業への思い、M&Aによる事業成長の上手さ、など)

加えて時価総額が比較的安いのか、現在の株価が割安なのかを調べることになります。

 

マーケティングの手法を用いた分析も一つの方法です

企業分析の際に、マーケティングの要素を加えて商品力や将来の成長を考える
企業分析の際、決算書を読む方が多いと思いますが、マーケティングの要素を加えて事業の状態を分析すること...

 

3. 参入障壁は高いのか?

・技術は簡単に真似できるのか(独占的なのか?)

・価格が簡単に下げられてしまうのか?(利益率に影響)

 

この程度分析をして、確信が持てる会社に割安な株価の際に少しずつ購入してみて、動向を見てみる、というのが1つの投資手法です。

 

現在は、日経平均もかなり下がってきているので、リーズナブルな価格の株も増えてきています。

 

(参考)日経平均を振り返る

日経平均を振り返る
昨日は大きな下げとなった日本株。あらためて今年の相場をチャートで振り返ってみたいと思います。 ...

 

(参考)日経平均の底は?

日経平均先物が2%を超えるマイナス。過去暴落時はPBR 0.8が底?
金曜日の株式市場は、米国、欧州、アジアのいずれも安値圏での取引となりました。日本は祝日だったため取引...

 

その他の考え方の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました