FTXの破産から考える仮想通貨、FX、株式 証券の資産の業者を分散して投資する大切さ

最新更新日 2022年11月20日

FTXの破産が最近話題になってます。

仮想通貨の概要

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれ、デジタル資産の一種で、暗号技術を利用して取引の安全性を確保し、新しいユニットの生成を制御しています。

暗号通貨は分散型であり、政府や金融機関の管理下に置かれることはない。

最初の、そして最も有名な暗号通貨であるビットコインは、2009年に誕生しました。暗号通貨は分散型取引所で取引されることが多く、商品やサービスの購入にも利用されることがあります。

仮想通貨は様々な理由で人気があります。

分散化は、政府や金融機関にお金を管理されたくない多くの人々にとって魅力的なものです。

また、暗号通貨は、価格が急激に変動することが多いため、投資家にとって魅力的な通貨です。このため、価格が安いときに買い、高いときに売れば、投資家に大きな利益をもたらす可能性がある。

最後に、暗号通貨は商品やサービスの購入に使用できるため、従来の通貨を使いたくない人にとって便利である。

FTX破産のニュース

日本法人は顧客から預かった資産は法令に則って管理とされている。

日経新聞では、顧客の資金回収は難航する可能性が強まってきました、としている

このような状況は何を意味しているのか。資産を業者を分散して投資することの大切さではないでしょうか?

株式投資についても、FX投資についても、業者を分けることで、万が一 保護された資産が長期間取り出せない事態となっても、影響を少なく抑えることができるのです。

皆さんは株式投資の際、貸株で自分の株を証券会社に貸してませんか? 貸株は証券会社が倒産すると、貸し倒れリスクがありますので、戻ってこないリスクがあるわけです。

目的別でも構わないので、事業者を分散することを検討しましょう
取引量の多い日本の仮想通貨の取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)…

Coincheck(コインチェック)…

bitbank(ビットバンク)…

代表的な証券会社

SBI証券…

楽天証券…

松井証券…

GMOクリック証券…

資産を預ける先を分散させることは、様々な意味で重要です。

第一に、あるプロバイダーが倒産したり、財政難に陥ったりした場合に、あなたの資産をすべて失うリスクを減らすことができます。

第二に、プロバイダーがあなたのビジネスのために競争することになるので、プロバイダーとの交渉力を高めることができます。

そして、「卵は一つのカゴに」ではなく「資産は分散している」ことになるわけです。

(参考)暗号資産取引所 FTXとは?

FTXは、2019年にSam Bankman Friedによって設立されました。同社は急速に成長し、市場シェアを伸ばした。有名人を広告塔にして、資金を集めてていました。

一方、日本と比較すると規制が緩く、資金を別会社の運用に利用する不適切な資金利用など、杜撰な経営がニュースとなっています。

FTX破綻の衝撃…暗号資産は生き残れるのか?【日経プラス9】(2022年11月18日)

暗号資産交換業大手のFTXトレーディングが経営破綻。その余波が続いています。かつては利便性の高さで脚光を浴びた暗号資産(仮想通貨)。今後、暗号資産はどうなるのか?その行方を専門家と占います。

その他の考え方の記事

コメントを残す