【 264万円 損益 -10万円 : -4% 】毎月積立 2023/03/15 おおぶね ひふみ 投資信託 / SBIラップ / ロボット投資 一瞬で損益がマイナスへ・・・。暴落は続くのか?

投資
AD

最新更新日 2023年3月15日

毎日最新版の記事を公開しています。月曜日から金曜日までの平日更新。

毎月17万円を積立中です

SBIラップおおぶねJapanひふみ投信
毎月積立額2万円10万円5万円

ほったらかし投資は可能なのか? 投資の初心者むけ講座 毎月積立 ドルコスト平均法について

AD

推移( 左側:積上損益額、右側:損益率 )

株価が堅調に上がってきておりましたが、アメリカのSVBとギャラクシー銀行の破綻影響による国際的な株価下落の影響を受けて、マイナスに舞い戻り、さらに大幅な下落となりました・・。

リセッション懸念もあるので、基本的には現金比率は高めて大きく暴落した時に備えています。

積立=ドルコスト平均法によるメリットとデメリット

AD

個々の投資信託銘柄の成績

AD

SBIラップ

市場動向を先読みし投資配分を最適化 グローバルインデックスを上回るパフォーマンスを目指す

SBIラップはやはり、株価下落影響で2%を超えるマイナスに突入・・・。

日付資産総額評価損益評価損益率米国株式先進国株式新興国株式米国債券米国ハイイールド新興国債券米国不動産ゴールド現金
2023/3/15126,875-3,068-2.42%1.90%9.60%48.60%9.40%2.00%5.10%1.90%20.40%1.00%
2023/3/14128,259-1,684-1.31%2.00%9.70%49.00%9.30%2.00%5.00%2.00%20.00%1.00%
2023/3/13128,259-1,684-1.31%2.00%9.70%49.00%9.30%2.00%5.00%2.00%20.00%1.00%
2023/3/10130,3724290.33%2.00%9.70%49.40%9.20%2.00%5.00%2.00%19.70%1.00%
2023/3/9131,0191,0760.82%2.00%9.70%49.40%9.10%2.00%5.00%2.00%19.80%1.00%
2023/3/8131,2071,3151.00%3.30%2.00%33.40%11.70%2.00%7.10%1.50%15.30%23.60%
2023/3/7130,8279350.71%3.30%2.00%33.40%11.70%2.00%7.10%1.50%15.30%23.70%
2023/3/6130,8279350.71%3.30%2.00%33.40%11.70%2.00%7.10%1.50%15.30%23.70%
2023/3/2129,870-22-0.02%3.30%2.00%33.00%11.90%2.00%7.20%1.50%15.20%23.80%
2023/3/199,402-490-0.49%4.30%2.60%42.90%15.50%2.70%9.40%1.90%19.80%1.00%
2023/2/2899,153-739-0.75%4.30%2.60%43.20%15.40%2.60%9.30%1.90%19.70%1.00%
2023/2/1599,030-909-0.92%4.30%2.60%43.30%15.20%2.60%9.20%2.00%19.80%1.00%
2023/1/3180,0783030.38%17.20%6.10%31.70%10.90%6.10%5.60%2.00%19.50%1.00%
2023/1/1678,481-1,294-1.65%17.20%6.10%31.30%11.10%6.20%5.60%2.10%19.50%1.00%
2022/12/3077,542-2,590-3.34%28.60%9.30%21.90%5.10%10.00%2.00%2.00%20.20%1.10%
2022/12/1580,8957210.89%29.40%9.30%21.60%5.10%10.00%2.00%2.00%19.60%1.00%
2022/11/3070,6214670.66%46.00%12.30%2.00%5.20%9.90%2.00%1.90%19.60%1.00%

ロボット投資、ますます米国株の割合を減らしてきています。その代わり新興国株式の割合を大きく増やしてきています。ついに、50%近く新興国株式の割合が増えてます。米国株への割合はかなり低くなりました。2%になってしまった。

投資のロボットアドバイザー活用方法

AD

おおぶね Japan

主として国内の金融商品取引所に上場されている株式に投資し、投資信託財産の中長期的な成長を目指す。運用にあたっては、徹底したファンダメンタル分析に基づく、持続的に価値を創造する企業への長期投資、および、投資先へのエンゲージメント活動により、長期的なリターンの獲得を目指す。

おおぶね Japan の純資産総額が30億円と少なめなので、中小型株への投資のしやすさから、投資先として選定しました。為替が少し落ち着いてきたので、おおぶねの米国株版の投資も検討中・・。

おおぶねについても、あっという間にマイナスに舞い戻りました・・。

日付資産総額評価損益評価損益率
2023/3/15948,337-12,299-1.30%
2023/3/14966,9546,3180.65%
2023/3/13977,08516,4491.68%
2023/3/10993,39432,7583.30%
2023/3/9983,51022,8742.33%
2023/3/8929,67819,0422.05%
2023/3/7928,81918,1831.96%
2023/3/6921,07910,4431.13%
2023/3/2911,1495130.06%
2023/3/1860,484-162-0.02%
2023/2/28856,568-4,079-0.48%
2023/2/15869,2788,6300.99%
2023/1/31768,9998,3321.08%
2023/1/16736,838-23,829-3.23%
2022/12/30638,249-22,392-3.51%
2022/12/15672,545.0112,530.171.86%
2022/11/30474,907.2514,887.623.13%

中長期投資で有名な農林中金 投資信託「おおぶね」の積立投資

AD

ひふみ投信

ひふみ投信は、「日本を根っこから元気にする」をコンセプトに、主に日本の成長企業に投資をする投資信託です。

アクティブファンドの老舗。純資産総額が1426億円ですがひふみプラスなど他の類似信託を合わせると運用資金が巨大となっているのが最近気になる点。

ポートフォリオに占める割合が大きいので、マイナス幅が全体ポートフォリオへも悪影響を及ぼしています。積み立てている金額が大きいので変動する金額も大きくなってしまいますね。

一気にプラスに戻ったのに、マイナスに舞い戻ってしまいました。さらに下落が激しく、-5%超えて損失が拡大中・・・。酷い惨状になってしまった・・。

日付資産総額評価損益評価損益率
2023/3/151,569,272.00-80,741.00-5.15%
2023/3/141,613,577.00-36,436.00-2.26%
2023/3/131,588,068.00-11,956.00-0.75%
2023/3/101,618,793.0018,769.001.16%
2023/3/91,605,162.005,138.000.32%
2023/3/81,598,905.00-1,119.00-0.07%
2023/3/71,593,822.00-6,202.00-0.39%
2023/3/61,583,291.00-16,733.00-1.06%
2023/3/21,572,761.00-27,263.00-1.73%
2023/3/11,566,281.00-33,743.00-2.15%
2023/2/281,561,728.00-38,296.00-2.45%
2023/2/151,557,873.00-42,151.00-2.71%
2023/1/311,498,197.00-51,810.00-3.46%
2023/1/161,454,090.00-95,917.00-6.60%
2022/12/301,402,859.00-97,159.00-6.93%
2022/12/151,444,301.00-55,717.00-3.86%
2022/11/301,353,758.00-46,246.00-3.42%

ちなみに、ひふみ投信のひふみ投信マザーファンドの運用責任者は、藤野英人 氏に変更されています。

話題のアクティブ ファンド ひふみ投信 投資信託の概要

個別銘柄への投資だと日々それぞれの銘柄が気になりますが、投資信託の場合お任せなので、心が穏やかにいられる点はポジティブです。一方、個別の株主優待や配当のお知らせが届かないのはちょっと寂しい気もしますね。

個別銘柄の中長期投資のメリットとデメリット

コメント

タイトルとURLをコピーしました