東京で地震が発生してどのような需要と供給が生まれたのか? 風が吹けば桶屋が儲かる

最新更新日 2022年9月27日

10/7夜の地震で都心の公共交通機関が麻痺。その結果、どのような需要が生まれ、どのような供給が発生したのかを調べてみました。

 

実は東京で震度5が発生するのは10年ぶりだということです。その間に生まれた新しいTechが人の行動に変化をもたらしています。

 

1. 地震の影響

・電車の運行が止まる・・。

 

2. 需要が増えたこと

・宿泊施設 10年前と変わらない

・漫画喫茶などの24時間運営のサービス10年前と変わらない

・タクシー 10年前と需要は変わらないけど供給の方法が変化

・新しい戻る手段 自転車を借りて帰るという新たなモデル

 

3. 今回新しく供給された仕組み

## スマホでタクシーを手配する仕組み ##

GO ゴー ( 旧 Japan TaxiとMOVが統合 )…

タクシー乗り場で並ぶよりも手配した方が早く乗ることができたとか。まさにCMと同じような事象が・・。

ちなみに、クーポンコードで「 mf-ekg2k8 」を指定すると、2,000円分 利用できるので、初回登録の際に忘れずに!

 

S.RIDE(旧・みんなのタクシー株式会社)…

など。

 

 

## シェアリング自転車 ##

ドコモバイクシェア

この影響で翌朝、会社に出勤する時に借りられる自転車の量が極端に少なくて困り果てました・・。

 

身近で大きな変化が起きたときに、どのような需要x供給の変化が発生したのかを把握すると次の新しい課題やヒントが見えてきますね。

 

なお、その後のトレンドとして、20km歩ける5142 アキレスのALL DAY WALK 売上 40倍 にもなっています

東京大地震の影響で20km歩ける5142 アキレスのALL DAY WALK 売上 40倍 レディース向けパンプスやメンズ向けビジネスシューズ 風が吹けば桶屋が儲かる

 

他の投資の考え方・思考系に関する記事…

コメントを残す