【 212万円 損益 -12万円 : -6% 】毎月積立 2022/12/21 おおぶね ひふみ 投資信託 / SBIラップ / ロボット投資 日銀 金利引き上げ で 大暴落・・・

投資
AD

最新更新日 2022年12月21日

基本的に毎日最新版の記事を公開しています。月曜日から金曜日までの平日更新。

現状の毎月の積立 来月よりおおぶねとひふみの積立を半分にする予定。リセッション・景気後退懸念で全体として株価下落を予想してるため

SBIラップおおぶねJapanひふみ投信
毎月積立額1万円10万円 ( 20万円から減額)5万円 ( 10万円から減額)
指数の確認

金利影響から新興市場の株が特に影響を受けてますね。

指数現在値前日比前日比率
日経平均26,568.03-669.61-2.46%
TOPIX1,905.59-29.82-1.54%
東証プライム市場指数980.53-15.36-1.54%
東証スタンダード市場指数990.55-16.41-1.63%
東証グロース市場指数921.9-44.22-4.58%
推移( 左側:積上損益額、右側:損益率 )

厳しい局面です。日銀の金利引き上げに関するアナウンスを受けて株価が下落、投資信託も全て銘柄が下落

全体で-5.54%まで下げています。今後も景気後退懸念が強いので、コツコツ積立しますが、それ以上の追加資金投入は見合わせます。

(参考)日銀の緩和縮小、長期金利の上限0.5%引き上げ 日経平均の下落、グロース株の大幅下落、133円台までの円高、今後の見通しについて考える

AD

個々の投資信託銘柄の成績

SBIラップ

市場動向を先読みし投資配分を最適化 グローバルインデックスを上回るパフォーマンスを目指す

-1.72%です。円高影響と株価の下落のダブルパンチですね。一方、投資を分散していることになるので、日本株一択よりは全体としてはリスクヘッジできていると感じています。

日付資産総額評価損益評価損益率米国株式先進国株式新興国株式米国債券米国ハイイールド新興国債券米国不動産ゴールド現金
2022/12/2178,819-1,355-1.72%28.80%9.20%21.60%5.20%10.10%2.00%2.00%20.00%1.10%
2022/12/2079,984-190-0.24%29.00%9.30%21.60%5.20%10.10%2.00%2.00%19.80%1.00%
2022/12/1979,984-190-0.24%29.00%9.30%21.60%5.20%10.10%2.00%2.00%19.80%1.00%
2022/12/1680,3181440.18%29.30%9.30%21.50%5.00%10.00%2.00%2.00%19.70%1.00%
2022/12/1580,8957210.89%29.40%9.30%21.60%5.10%10.00%2.00%2.00%19.60%1.00%
2022/12/1480,052-122-0.15%29.00%9.30%21.70%5.10%10.00%2.00%2.00%19.80%1.00%
2022/12/1380,4833090.38%29.20%9.30%21.80%5.10%10.00%2.00%2.00%19.70%1.00%
2022/12/1280,4833090.38%29.20%9.30%21.80%5.10%10.00%2.00%2.00%19.70%1.00%
2022/12/980,089-89-0.11%29.10%9.30%21.90%5.10%10.00%2.00%2.00%19.60%1.10%
2022/12/880,242880.11%40.10%10.80%1.80%4.60%8.70%1.80%1.70%17.20%13.30%
2022/12/780,4783240.40%40.30%10.80%1.80%4.50%8.60%1.80%1.70%17.20%13.30%
2022/12/681,0038491.05%40.30%10.80%1.80%4.50%8.60%1.80%1.70%17.30%13.20%
2022/12/381,0038491.05%40.30%10.80%1.80%4.50%8.60%1.80%1.70%17.30%13.20%
2022/12/280,7115570.69%40.20%10.80%1.80%4.50%8.70%1.80%1.70%17.20%13.20%
2022/11/3070,6214670.66%46.00%12.30%2.00%5.20%9.90%2.00%1.90%19.60%1.00%
2022/11/2971,5761,3851.94%46.20%12.30%2.00%5.20%9.90%2.00%1.90%19.50%1.00%
2022/11/2771,5761,3851.94%46.20%12.30%2.00%5.20%9.90%2.00%1.90%19.50%1.00%

新興国株とゴールドへの資金振り分けが増えて、先進国株式の割合が減少の傾向は変わらず。

おおぶね Japan

主として国内の金融商品取引所に上場されている株式に投資し、投資信託財産の中長期的な成長を目指す。運用にあたっては、徹底したファンダメンタル分析に基づく、持続的に価値を創造する企業への長期投資、および、投資先へのエンゲージメント活動により、長期的なリターンの獲得を目指す。

おおぶね Japan の純資産総額が30億円と少なめなので、中小型株への投資のしやすさから、投資先として選定しました。

昨日に引き続き、2%弱急落しました。厳しい。

日付資産総額評価損益評価損益率
2022/12/21641,522.17-19,119.49-2.98%
2022/12/20655,009.74-5,631.92-0.86%
2022/12/19661,330.11688.440.10%
2022/12/16668,215.037,573.361.13%
2022/12/15672,545.0112,530.171.86%
2022/12/14668,260.498,245.651.23%
2022/12/13668,768.128,753.281.31%
2022/12/12669,387.999,373.151.40%
2022/12/9661,438.841,424.000.22%
2022/12/8612,271.842,257.000.37%
2022/12/7614,929.734,914.890.80%
2022/12/6616,076.486,061.640.98%
2022/12/3615,763.735,938.640.96%
2022/12/2523,447.0613,438.522.57%
2022/11/30474,907.2514,887.623.13%
2022/11/29477,670.9017,651.263.70%
2022/11/27480,474.7720,455.134.26%
ひふみ投信

ひふみ投信は、「日本を根っこから元気にする」をコンセプトに、主に日本の成長企業に投資をする投資信託です。

アクティブファンドの老舗。純資産総額が1426億円ですがひふみプラスなど他の類似信託を合わせると運用資金が巨大となっているのが最近気になる点。

ひふみ投信は、現在のわたしの投資信託のポートフォリオの構成比率が高いので、全体に影響を及ぼすわけですが、今回は、-1.37%なので、相対的には優秀な気はします。

日付資産総額評価損益評価損益率
2022/12/211,402,833.00-97,185.00-6.93%
2022/12/201,420,996.00-79,022.00-5.56%
2022/12/191,430,156.00-69,862.00-4.88%
2022/12/161,443,753.00-56,265.00-3.90%
2022/12/151,444,301.00-55,717.00-3.86%
2022/12/141,439,395.00-60,623.00-4.21%
2022/12/131,433,027.00-66,991.00-4.67%
2022/12/121,336,935.00-63,069.00-4.72%
2022/12/91,325,477.00-74,527.00-5.62%
2022/12/81,328,536.00-71,468.00-5.38%
2022/12/71,328,948.00-71,056.00-5.35%
2022/12/61,328,050.00-71,954.00-5.42%
2022/12/31,333,925.00-66,079.00-4.95%
2022/12/21,352,447.00-47,557.00-3.52%
2022/11/301,353,758.00-46,246.00-3.42%
2022/11/291,362,643.00-37,361.00-2.74%
2022/11/271,370,873.00-29,131.00-2.12%

レオスの市況解説2022年12月20日

三宅の目「2022年総括と2023年の市場展望」2022年12月20日

ひふみ投信の運営会社、レオス・キャピタルワークスがひふみアニュアルミーティング2022を12/4 に開催しました。


12/13にマンスリーの月次運用報告会を開催してます。

動画が上がりましたら共有します。

忙しい12月。本当に必要な知識を 1時間で「投資」の勉強 Liveセミナーも開催

運営者が見えることは良いことですが、やはり結果が全てなところもあるので、守りと攻めの両立を頑張って欲しいものです。

個別銘柄への投資だと日々それぞれの銘柄が気になりますが、投資信託の場合お任せなので、心が穏やかにいられる点はポジティブです。一方、個別の株主優待や配当のお知らせが届かないのはちょっと寂しい気もしますね。

個別銘柄シミュレーションを初めてみました。

日々のトレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました