中古スマホをフリマアプリ 楽天フリマ、メルカリ、ヤフオク、PayPayフリマなどで購入するリスクとその対処

生活
AD

最新更新日 2022年9月29日

最近は、中古スマホを楽天フリマ、メルカリ、ヤフオク、PayPayフリマなどのフリマアプリで購入されている方も少なくないのではないでしょうか? 特に最近は原料資源高で、新品のスマホの価格は跳ね上がっていますので、中古市場を活用される方は増加しています。しかしながら、安易に手を出すとトラブルに巻き込まれたり、損する危険性がありますので、正しい知識を持って売買することが大切です。

 

フリマアプリで中古スマホを取引するトラブルとは?

未使用品の場合であれば、出店者の評価を確認することで、ある程度予防できる可能性がありますが、一番難しいのが、使用済みの中古スマホです。

個人によって汚れの程度や不具合の程度の基準が異なるので、トラブルになりがちです。

 

トラブル事例

【専業主婦】メルカリで中古iPhoneを購入 トラブル後、出品者が恐怖

 

従って、中古スマホの場合、専門の業者が検品やランク付したものを購入した方が双方にとって誤解のある取引を予防できるような気がしています。

 

中古スマホ専門の買取・検品・販売事業者とは?

 

日テレニュースで紹介されている「イオシス…」と「にこスマ…」の中古スマホの様子

 

しっかりと業者が中古スマホを検品して、ランク付したり、壊れていないかを調べてくれます。

 

イオシス…

年間40万台以上のスマホ・タブレットを販売している事業者。
東京秋葉原、大阪日本橋、名古屋大須、福岡天神で実店舗を構えるほか、インターネット通販でも買うことができます。

実際に見て確認して購入したい場合は実店舗で購入することもできるので、安心です。

 

 

にこスマ…

大手、伊藤忠商事グループのBelong社が運営している会社。検品などは先ほどの日テレニュースの通りしっかりと調べていただいているので、安心です。

にこスマの解説動画

 

フリマアプリ 楽天フリマ、メルカリ、ヤフオク、PayPayフリマなどで購入するよりは、検品の分、少し高くなりますが、それでも長く使うので、トラブルのない取引を心がけたいところですね。

 

その他の節約の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました